このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

テーマ展示「てがみ展 我孫子に集った人びと」

登録日:2019年3月10日

更新日:2019年3月10日

明治の終わりから昭和はじめにかけて、我孫子には手賀沼の風光を求めていろいろなひとが集いました。
杉村楚人冠宛に出されたてがみを通じて、どんな人がいたのか紹介します。

展示期間

平成31年1月16日(水曜日)から平成31年3月10日(日曜日)まで

展示概要

嘉納治五郎

平成31年の大河ドラマに登場することでも話題の嘉納治五郎。
我孫子に別荘を構えて以来、地元の人々と交流し、我孫子の発展のために行動しました。
手賀沼を「安美湖あびこ」と表現したてがみがあり、嘉納が我孫子に求めた環境をよく表しています。
初公開のてがみ二通を展示しました。

村川堅固

嘉納治五郎が熊本の第五高等中学校で校長を務めていたとき、生徒として在籍していた村川堅固は西洋古代史学者として日本の西洋史研究に大きく貢献しました。その村川も我孫子に別荘を構えています。
嘉納、村川、そして杉村楚人冠らは手賀沼干拓反対のため協働し、村川は庭園協会の視察を招致して、自然公園として手賀沼を生かす道を探りました。

大谷登と三谷一二

「文士村」と称される我孫子ですが、実は多くの実業家も別荘を構えていました。
その代表格といえるのが日本郵船社長の大谷登おおたにのぼると、三菱鉱業会長の三谷一二みたにいちじでしょう。
若いころは海外赴任を経験した二人も、重役になり転勤の心配がなくなると、リフレッシュの場を我孫子の別荘に求めたのです。

楚人冠が誘った二人

楚人冠が便宜をはかって、自分の土地に別荘を建てさせた友人が二人います。
英字新聞を主な舞台に活躍したジャーナリストの頭本元貞ずもともとさだと日本舞踊家の藤蔭静江ふじかげしずえ(のちの静樹せいじゅ)です。
藤蔭は楚人冠邸の様子を「仙家」と表現しており、風流人の目にもかなう我孫子の様子をうかがわせます。

過去の企画展、講演会などイベントのリストへのリンクです

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

教育委員会 生涯学習部 杉村楚人冠記念館

〒270-1153 千葉県我孫子市緑2丁目5番5号
電話:04-7182-8578 ファクス:04-7185-4330

本文ここまで

サブナビゲーションここから

杉村楚人冠記念館 過去の展示・イベント

よくあるご質問

くらしの便利メニュー

施設・窓口案内

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る