このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

夏目漱石没後百年記念企画展「楚人冠と漱石 ~新聞と文学と」

登録日:2017年1月9日

更新日:2017年1月9日

展示概要

開催期間

平成28年10月8日~平成29年1月9日

展示趣旨

 杉村楚人冠すぎむらそじんかんと夏目漱石は明治40年から漱石が亡くなるまで東京朝日新聞の同僚でした。二人の交流は、新聞と文学の歴史にどんな意味を持ったのか。また二人の交流から見える漱石の人間性とは。杉村楚人冠宛の夏目漱石の手紙から考えます。

1 新聞社で

 東京朝日新聞社での二人の活動にかかわる手紙を3通展示しました。平成28年に寄贈された資料から発見された、会社への電話のかけ方を漱石が楚人冠に聞いている手紙も初めて展示しました。

夏目漱石の電話についての手紙の写真
漱石宅の電話番号が書かれている夏目漱石書簡(新発見書簡)

2 『それから』にこめた思い

 夏目漱石の『それから』の終盤に、楚人冠が書いた記事「幸徳秋水を襲う」の内容を取り入れた部分があります。登場人物に「現代的滑稽の標本」と語らせた、その内容を紹介しました。

著書それからを送ることについての漱石の手紙の写真
著書『それから』を贈呈すると記した漱石の手紙

3 英語に親しむ

 英語を独学する青年を主な読者とした雑誌『英語青年』に楚人冠と漱石の熟語の用法をめぐる議論が載せられたことがあります。漱石の手紙から、ユーモアを交えて二人が議論する様子を紹介しました。

英熟語の用法をめぐっての漱石の手紙の写真
英熟語の用法をめぐっての漱石の手紙

4 愛児の死を越えて

 楚人冠と漱石はともに幼い娘を亡くした経験を持ちます。平成28年に寄贈された資料から新たに見つかった漱石が楚人冠に送ったお悔やみの手紙とともに、楚人冠の娘の死を漱石に伝えた中村古峡という人物を紹介します。

漱石からのお悔やみの手紙の写真
漱石からのお悔やみの手紙(新発見書簡)

5 漱石の病

 漱石が持病の胃潰瘍で始めて入院する前日に送った手紙、快復後楚人冠の求めに応じて書いた漢詩の書を展示しました。漱石の書には、「病中之作」と書くはずのところをつい「春日偶成」と間違えたというエピソードが残っています。

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

教育委員会 生涯学習部 杉村楚人冠記念館

〒270-1153 千葉県我孫子市緑2丁目5番5号
電話:04-7182-8578 ファクス:04-7185-4330

本文ここまで

サブナビゲーションここから

杉村楚人冠記念館 過去の展示・イベント

よくあるご質問

くらしの便利メニュー

施設・窓口案内

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る