このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成26年春期企画展「楚人冠の学び ~明治の青年と文学」

登録日:2015年7月1日

更新日:2015年7月1日

展示期間 平成26年3月4日~5月18日

杉村楚人冠が若い時に丁寧に書き込みをしながら読んだ本や、明治時代の英語教材を見て、明治時代の人々の学びの様子を考えた展示を行いました。

1 欧米文学との出会い

明治維新とともに入ってきた欧米文学は、英語教材にも使われ当時の若い人々に大きな影響を与えました。

  • ヘンリー・ワーズワース・ロングフェロー 『ロングフェロー詩集』
  • ナサニエル・ホーソーン Our Old Home, and Septimius Felton Vol.I
  • ジョン・ミルトン『失楽園』
  • ミゲル・デ・セルバンテス『ドン・キホーテ』

2 『日本英学新誌』

教育をとおして英語の達人になった楚人冠は、今度は英語教材への執筆で教育する側として英学に携わりました。その教材が増田藤之助の『日本英学新誌』でした。

  • 『日本英学新誌』第一巻~第三巻
  • ワシントン・アーヴィング『スケッチ・ブック』

3 国文学に親しむ

明治時代の人々は英文学に取り組む一方で、日本の古典に親しみ、素養を身に着けることもおこたりませんでした。

  • 『日本文学全書』第壱編より「徒然草」
  • 『潤一郎訳源氏物語』巻三 巻四

4 『青年文学』の時代

杉村楚人冠(当時の筆名は縦横)や国木田独歩(当時の筆名は鉄斧)が参加して、若い人たちが批評、討論に取り組んでいたのが、青年文学会というサークルでした。楚人冠はその前半期を、独歩は後半期を代表する論客でした。

  • 『青年文学』(復刻版)
  • 人見一太郎書簡 [杉村らの例会演説を『青年文学雑誌』へ掲載の依頼状]

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

教育委員会 生涯学習部 杉村楚人冠記念館

〒270-1153 千葉県我孫子市緑2丁目5番5号
電話:04-7182-8578 ファクス:04-7185-4330

本文ここまで

サブナビゲーションここから

杉村楚人冠記念館 過去の展示・イベント

よくあるご質問

くらしの便利メニュー

施設・窓口案内

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る