このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成27年度夏期企画展「戦時下のアサヒグラフ」

登録日:2015年10月7日

更新日:2015年10月7日

戦後70年・我孫子市平和都市宣言記念30年記念平和事業

期間

平成27年7月14日(火曜日)から10月4日(日曜日)まで

展示概要

日本の敗色が濃くなっていく、昭和19年10月から昭和20年3月までの画報雑誌『アサヒグラフ』を展示し、戦時下のメディアがどのように戦意高揚に使われたのかをご覧いただきました。

以下、展示の一部を紹介します。

1 前線の苦闘

玉砕・特攻という言葉が飛びかうようになった前線の状況についての報道は、「壮絶」・「壮挙」といった言葉で飾られました。特攻隊出撃のルポでは「銀翼の神々」と見出しがつけられています。

2 生産の場の戦争

軍隊への召集で不足した労働力は、女性や学生の労働で補われました。その様子を伝える紙面には「新しき職場に続々突進」など、戦場になぞらえた文言が使われました。

3 空襲と疎開

空襲を受けるようになると、紙面に登場するのはバケツリレーで消火にあたる人々や疎開した児童の様子です。疎開先の様子を伝える紙面では子どもたちの元気で明るい様子が強調されています。

4 銃後のくらし

農作物の収穫を伝える紙面です。写真の説明には「あなたの汗が手不足も肥料不足も征服した」と書かれ、戦争による人不足、物資不足の苦労を美化して伝えています。

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

教育委員会 生涯学習部 杉村楚人冠記念館

〒270-1153 千葉県我孫子市緑2丁目5番5号
電話:04-7182-8578 ファクス:04-7185-4330

本文ここまで

サブナビゲーションここから

杉村楚人冠記念館 過去の展示・イベント

よくあるご質問

くらしの便利メニュー

施設・窓口案内

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る