このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

テーマ展示「てがみ展 お悔やみのてがみ」

登録日:2015年7月1日

更新日:2019年7月9日

展示期間

令和元年5月18日(土曜日)から7月7日(日曜日)まで

展示概要

弔電にとって代わられた感のあるお悔やみのてがみ、昔の人はいったいどんなお悔やみを書いていたのでしょうか。

その一端をうかがい知ることができる展示としました。

このホームページでは一部を紹介します。

浄土真宗の僧侶、近角常観ちかずみじょうかんからのお悔やみです。冒頭、楚人冠の長男の死を新聞の夕刊で知ったことが書かれています。新聞の死亡広告を見て急ぎ筆を執り、お悔やみをしたためる、そんな経験を持つ人はもう少ないのではないでしょうか。

仏教学者にして教育者の高楠順次郎からのお悔やみです。写真の部分には「人の世は仇にはかなき浮世ぞと教えて返える子は知識なり」と和歌が記されています。和歌もまたお悔やみを伝える手段であったことがうかがえます。

関東大震災では海外からお見舞いの手紙が届きました。それに対し、楚人冠が次男、三男の死を伝えると、今度はお悔やみのてがみが送られました。そのようなやりとりをした一人がアメリカの新聞学者、ウォルター・ウィリアムズです。キリスト教的な神観念からのお悔やみのフレーズがあるなど、仏教的な考えを反映した先ほどの高楠のてがみとは対照的な特徴も見出せます。

過去の企画展、講演会などイベントのリストへのリンクです

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

教育委員会 生涯学習部 杉村楚人冠記念館

〒270-1153 千葉県我孫子市緑2丁目5番5号
電話:04-7182-8578 ファクス:04-7185-4330

本文ここまで

サブナビゲーションここから

杉村楚人冠記念館 過去の展示・イベント

よくあるご質問

くらしの便利メニュー

施設・窓口案内

サブナビゲーションここまで

以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る