このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

乳がん検診

登録日:2015年7月1日

更新日:2017年3月16日

平成29年度乳がん検診

「乳がん」は以前、欧米人に多いといわれていましたが、近年日本人女性の間でも急増しています。
わが国では、1年間におよそ40,000人の女性が乳がんと診断されています。これは、胃がん、大腸がんと並んで、女性に最も多いがんです。また、40~50歳の乳がん発生率は、この20年間約2倍に増加しています。一方、乳がんで亡くなる女性は1年間に11,000人で、40~50歳代の女性におけるがん死亡の23パーセントを占めており、この年代の女性にとって最も多いがん死亡原因となっています。
乳がんは、早期に発見し治療すれば治る確率の高い病気です。月に1度の自己検診と年に1度のがん検診をお勧めします。
我孫子市では、30歳以上の女性の方を対象に、乳がん検診を実施しています。
※昨年まで実施しておりました個別検診の乳がん視触診検査については、平成29年度より廃止となりました。特に30歳代の乳がん検診については集団検診の超音波検査のみとなりますのでご注意ください。

30から39歳の女性(超音波検査)

対象者 市内在住(住民登録者)の30から39歳の女性
(昭和53年4月1日から昭和63年3月31日の間に生まれた方)
実施日 <集団>
前期:平成29年6月・7月

後期:平成29年12月、平成30年1月

実施場所 <集団>保健センター
受診方法 <集団>はがき等による事前申し込み。くわしくは集団検診申し込みのページ
検診項目 <集団>問診と超音波検査※超音波検査は、集団検診のみ実施しています。
費用 <集団>800円(超音波検査)

40から49歳の女性(マンモグラフィ検査:2方向)

対象者

市内在住(住民登録者)の40から49歳の女性
(昭和43年4月1日から昭和53年3月31日の間に生まれた方)

実施日

<個別>平成29年6月1日~平成30年1月末日
<集団>
前期:平成29年6月・7月
後期:平成29年12月、平成30年1月
※<個別>か<集団>のどちらか1回受診できます。

実施場所

<個別>市内契約医療機関一覧のページ
<集団>保健センター

受診方法

<個別>契約医療機関へ予約をし、受診券を持参のうえ受診
<集団>はがき等による事前申し込み。くわしくは集団検診申し込みのページ

検診項目

<個別>問診とマンモグラフィ検査
<集団>問診とマンモグラフィ検査

費用

<個別>1,100円(マンモグラフィ検査)
<集団>700円(マンモグラフィ検査)

50歳以上の女性(マンモグラフィ検査:1方向)

対象者 市内在住(住民登録者)の50歳以上の女性
(昭和43年3月31日以前に生まれた方)
実施日 <個別>平成29年6月1日~平成30年1月末日
<集団>

前期:平成29年6月・7月
後期:平成30年1月2月
※<個別>か<集団>のどちらか1回受診できます。

実施場所 <個別>市内契約医療機関一覧のページ
<集団>保健センター
受診方法 <個別>契約医療機関へ予約をし、受診券を持参のうえ受診
<集団>はがき等による事前申し込み。くわしくは集団検診申し込みのページ
検診項目

<個別>問診とマンモグラフィ検査
<集団>問診とマンモグラフィ検査

費用 <個別>1,100円(マンモグラフィ検査)
<集団>700円(マンモグラフィ検査)

無料の方

市の健診が受けられるのは、年度内、1回です。2回以上受診された場合は、費用負担をしていただきます。
次の方は無料になります。該当する書類を受診時に医療機関窓口へ提示してください。
1.高齢受給者証又は後期高齢者医療被保険者証の適用を受けている方
2.生活保護世帯等の方は休日・夜間等医療受給証を提示
3.世帯全員が市・県民税非課税の方は健康づくり支援課から発行する健(検)診無料券を提示
※3.の健(検)診無料券は受診する10日前までに健康づくり支援課(保健センター)へ申込みが必要です。
※なお、平成28年度の黄色の無料券をお持ちの方で7月以降受診する場合は、改めて平成29年度の無料券のお申し込みが必要です。がん検診総合支援事業の対象者の方には、5月上旬ごろに検診手帳・無料クーポン券・受診案内を送付いたします。詳しくはがん検診総合支援事業のページをごらんください。

検診の対象にならない方

1.職場・家族検診・人間ドックなどを受ける機会のある方(重複する検診項目のみ対象外)
2.自覚症状がある方⇒医療機関での受診をおすすめします
3.すでに治療中、医療受診を継続的におこなっている方

マンモグラフィ検査

乳房を2枚の板ではさんでX線写真をとる検査です。乳がんの初期症状のひとつである微細な石灰化をとらえるのに最も適した検査です。(妊娠中はできません)
乳腺が発達した若い方の場合、全体が白く写るため、判定が難しい場合があります。

超音波検査

乳房に超音波をあてて組織を画像化する検査です。乳腺が発達した若い方に向いています。
※妊娠中でも検査が可能です。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

健康福祉部 健康づくり支援課(保健センター)

〒270-1132 千葉県我孫子市湖北台1丁目12番16号
電話:04-7185-1126 ファクス:04-7187-1144

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る