このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

胃がん検診

登録日:2015年7月1日

更新日:2017年6月27日

平成29年度胃がん検診

近年、胃がんは早期治療により減少傾向が見られますが、死亡率は依然第3位となっており、高い値を示しています。がんの治療は、早期発見が一番です。毎年必ず受診することをお勧めします。

日本人に多いがんの一つですが、早期に発見できれば、治るがんです。定期検診を受ける以外には早く見つける方法はありません。そのため、年に1度の検査が大切です。
胃部レントゲン検査は、「バリウム」という造影剤と胃を膨らませる発泡剤を飲み、胃の中の粘膜を観察し、胃がんを発見する検査です。また、この検査によって、潰瘍やポリープも発見することができます。

※近年バリウムが飲みやすくなり、負担が軽くなっているようです。

対象者

市内在住(住民登録者)の40歳以上の男女
※検診受診日に次に該当する方は、胃がん検診を受診できません。

  1. 同一年度内に、医療受診・職場での検診・人間ドック・市の集団検診などで、胃カメラ・胃バリウム検査を受けた方
  2. 胃の自覚症状のある方(胃の痛み、胸やけ、吐き気など)
  3. 胃腸の病気で治療中・経過観察中の方。もしくは病気を指摘されたが、治療を中断している方
  4. 2ヶ月以内に大腸の手術をされた方(腸の手術、ポリープ切除など)
  5. バリウム検査で過去に体調を崩された方(胃の強い不快感、強い排便困難、腹痛など)
  6. 過去1年以内に開腹手術や整形外科の手術をされた方
  7. 過去1年以内に心筋梗塞や脳梗塞を発症(発作も含む)したことのある方
  8. 腸閉塞の既往がある方
  9. 便秘症で3日以上排便がない方
  10. 腎臓病(人工透析)などで水分制限を受けている方
  11. ペースメーカー使用の方で主治医の確認がない方
  12. 自力で立位保持、体位変換、自分の腕で体を支えることができない方
  13. 妊娠中またはその可能性のある方
  14. 胃全摘術後の方(部分切除の方はご相談ください)
  15. 心不全の既往があり、水分制限のある方
  16. 過去1年以内に開胸手術やカテーテル手術をされた方
  17. 喘息発作が頻繁に起こっている方
  18. 過去1年以内に肺の手術をされた方
  19. 過去1年以内に頭部の手術をされた方
  20. 誤嚥の既往のある方(日頃むせやすい方)
  21. バリウム、発泡剤、下剤でアレルギーを起こしたことのある方
  22. 以下の方は原則不可ですが、ご相談ください(メニエール病の方、認知症等による理解力低下や高度難聴で検査指示に従うことができない方)

※下記に当てはまる方は、予め主治医に受診可能かどうかをご確認のうえごお申し込みください。

  1. 虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞など)・心不全(水分制限のある方は受診できません)・心疾患術後で1年以上経過している方(上記(16)に該当する方は受診不可)
  2. 喘息(上記(18)に該当する方は受診不可)・呼吸器疾患術後で1年以上経過している方(上記(17)に該当する方は受診不可)
  3. 脳血管障害(脳梗塞、脳出血など)・頭部手術の既往があり、1年以上経過している方(上記(7)に該当する方は受診不可)

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。胃がん検診実施にあたっての安全基準について(外部サイト)(日本消化器がん検診学会関東甲信越地方会)
※近年、撮影台からの転落やバリウムの誤嚥などの事故が増加しています。安全で精度の高い検診を行い、事故を予防するため、安全基準が厳しくなり、これまで受診されていた方が受診できない状況も考えられますが、ご理解の程よろしくお願いいたします。

実施日

<前期>平成29年5月・6月・7月
<後期>平成29年11月・12月
※年度内<前期>か<後期>のどちらか1回受診できます

実施場所 保健センターでの集団検診となります
受診方法 はがき等による申し込み。集団検診の申し込みについては「集団検診(胃がん・子宮頸がん・乳がん)申込みについて」のページをごらんください。
「ちば電子申請サービス」からの、申込みも可能です。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。「ちば電子申請サービス」のページ(外部サイト)
検診項目
  • 問診
  • 胃のレントゲン撮影による検査(胃部バリウム検査)
費用 900円

市の健(検)診は、お一人年1回(住民登録者)となります。同一年度内に、2回以上受診された場合は、費用を負担していただくことになります。

次の方は無料になります。該当する書類を受診時に医療機関窓口へ提示してください。
1.高齢受給者証又は後期高齢者医療被保険者証の適用を受けている方
2.生活保護世帯等の方は休日・夜間等医療受給証を提示
3.世帯全員が市・県民税非課税の方は健康づくり支援課から発行する健(検)診無料券を提示
※3.の健(検)診無料券は受診する10日前までに健康づくり支援課(保健センター)へ申込みが必要です。
※なお、平成28年度の黄色の無料券をお持ちの方で7月以降受診する場合は、改めて平成29年度の無料券のお申し込みが必要です。

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

健康福祉部 健康づくり支援課(保健センター)

〒270-1132 千葉県我孫子市湖北台1丁目12番16号
電話:04-7185-1126 ファクス:04-7187-1144

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る