このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

幼児教育・保育の無償化の概要

登録日:2020年9月30日

更新日:2020年9月30日

幼児教育・保育の無償化について

幼児教育・保育の無償化とは、生涯にわたる人格形成の基礎を培う幼児教育の重要性や、幼児教育の負担軽減を図る少子化対策の観点などから、子育て世帯を応援し、社会保障を全世代型へ抜本的にかえるため令和元年10月1日より実施されているものです。

対象者

  • 3歳から5歳児(利用する日の属する年度の4月1日現在の年齢)
  • 幼稚園・認定こども園の教育認定(保育の必要性がない)園児の満3歳児

 ※満3歳児:3歳に達した幼児が翌年の4月を待たずに年度の途中から入園する園児

  • 住民税非課税世帯の0~2歳児(保育認定園児)
  • 保育園・認定こども園の【保育認定園児】の住民税課税世帯のうち、小学校就学前の一番上のお子さんを第1子と数えた場合の第3子以降の0歳から2歳児

【施設】 無償化対象費用対照表

 

無償化の金額(範囲)

無償化の対象
となる費用

無償化の
対象外費用

幼稚園

月額25,700円まで

入園料
保育料

通園送迎費
食材料費
施設費等

(*)国立大学付属幼稚園

月額8,700円まで

入園料
保育料

通園送迎費
食材料費
施設費等

(*)国立特別支援学校幼稚部 月額400円まで

入園料

保育料

通園送迎費

食材料費

施設費等

幼稚園(*を含む)における
【保育認定園児】の預かり保育料

・利用日数×450円を限度に
月額最大11,300円まで
・住民税非課税世帯の満3歳児は
月額最大16,300円まで

預かり保育料 おやつ代

保育園・認定こども園
・小規模保育事業所

市が定める基本保育料 保育料

入園準備金
食料材費
施設費等

認可外保育施設
(ベビーシッターを含む)
(※無償化対象は
【保育認定園児】のみ)

・3~5歳児は月額37,000円まで
・住民税非課税世帯の0歳から2歳児は
42,000円まで

保育料

入園料
食材料費等
施設費等


【保育認定園児】とは:保育園入園要件と同等の保育要件があり、保育認定を受ける園児のこと

子どもの算定基準(数え方)

子どもの数え方は、認定の種類(教育認定/保育認定)等によって異なります。
詳しくは下記をご覧ください。

幼稚園児 認定こども園の教育認定園児 保育園児 認定こども園の保育認定園児
小学校3年生までの一番上のお子さんを第1子と数える 小学校就学前のうち一番上のお子さんを第1子と数える

【年齢・区分毎】 無償化給付対照表

【表の説明】
教育:教育認定子ども(1号認定・新1号認定)  
保育:保育認定子ども
  (保育を必要とする要件を満たしている 2号認定・3号認定 新2号認定・新3号認定)

〇:無償化対象   
×:無償化対象外
―:該当園児無し

  幼稚園(*1)

認定こども園
(幼稚園型)

認定こども園
(幼保連携型)

保育園

認可外
保育施設等

  教育 保育 教育 保育 教育 保育 保育 保育

市民税非課税世帯
0歳から2歳児

保育料上限
42,000円

市民税課税世帯
0歳から2歳児
のうち
第2子(※)まで
の園児

× × ×

市民税課税世帯

0~2歳児のうち

第3子(※)以降
の園児

×

市民税非課税世帯

満3歳児

保育料上限
25,700円

保育料上限
25,700円
預かり保育料
上限16,300円

保育料上限
42,000円

市民税課税世帯

満3歳児のうち

第2子(※)まで
の園児

保育料上限
25,700円

× × ×

市民税課税世帯

満3歳児のうち

第3子(※)以降
の園児

保育料上限
25,700円

×
3歳から5歳児

保育料上限
25,700円

保育料上限
25,700円
預かり保育料
上限11,300円

保育料上限
37,000円


(*1):国立大学付属幼稚園・国立特別支援学校幼稚部の無償化においては、年齢・課税区分は幼稚園と同じですが保育料上限額が異なります。金額はこちらをご覧ください。

(※)認定によって第3子の数え方が異なります。詳しくはこちらをご確認ください。

副食材料費(給食のおかず・おやつ等)の無償化について

副食材料費の取扱いについて

保育園・認定こども園・給食を提供している幼稚園の各園においては,保護者が園に支払っている給食費のうち、 「副食材料費相当部分」について、月額上限4,500円を最大とし給付します。
対象者は以下となります。
・幼稚園児および教育認定園児については世帯市民税所得割額77,100円以下世帯
・保育認定園児については、世帯市民税所得割額57,100円以下世帯
 ただし、ひとり親世帯については、世帯市民税所得割額77,100円以下世帯
・所得にかかわらず第3子(※)以降の園児の世帯

  • 0~2歳の保育認定のお子さんの給食費については、保育料に含まれるため、従来の取扱いと変わりません。(副食材料費の給付対象ではありません)
  • お弁当を持参する園は、この補足給付は対象外となります。
  • 国立特別支援学校幼稚部については、特別支援学校就学奨励事業が別途あるため該当外です。
  • 認可外保育施設等は、副食材料費(補足給付)の給付対象外です。

副材料費 【年齢・区分毎】 無償化給付対照表

【表の説明】
教育:教育認定子ども(1号認定・新1号認定)
保育:保育認定子ども
(保育を必要とする要件を満たしている 2号認定・3号認定 新2号認定・新3号認定)

〇:無償化対象
×:無償化対象外
―:該当園児無し

幼稚園・教育認定の無償化給付対照表
  幼稚園

認定こども園
(幼稚園型)

認定こども園
(幼保連携型)

  教育 保育 教育 教育

満3歳児

市民税非課税世帯


満3歳児

市民税77,100円以下

の課税世帯


満3歳児

市民税77,101円以上

の課税世帯で

第2子(※)までの園児世帯

× × ×

満3歳児

市民税77,101円以上の

課税世帯で

第3子(※)以降の園児世帯

3歳から5歳児

市民税77,100円以下の課税世帯

3歳から5歳児

市民税77,101円以上の

課税世帯で

第2子(※)までの園児世帯

× × × ×

3歳から5歳児

市民税77,101円以上の

課税世帯で

第3子(※)以降の園児世帯


保育認定の無償化給付対照表
 

認定こども園
(幼稚園型)
保育認定

認定こども園
(幼保連携型)
保育認定

保育園

0歳から2歳児

市民税非課税世帯

保育料に含まれている

0歳から2歳児

市民税課税世帯

3歳から5歳児

市民税57,700円以下の

課税世帯(ひとり親家庭以外)

3歳から5歳児

市民税77,100円以下の

ひとり親家庭の課税世帯

3歳から5歳児

市民税57,101円以上

(ひとり親家庭の場合77,101円以上)

の課税世帯で第2子(※)までの園児世帯

× × ×

3歳から5歳児

市民税57,100円以上

(ひとり親家庭の場合77,101円以上)

の課税世帯で第3子(※)以降の園児世帯



(※)認定によって第3子の数え方が異なります。詳しくはこちらをご覧ください。

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

子ども部 保育課

〒270-1192 千葉県我孫子市我孫子1858番地(西別館2階)
電話:04-7185-1490 ファクス:04-7185-3933

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
我孫子市役所 法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県我孫子市我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表)
ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
窓口受付時間:平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)
このページの上へ戻る