このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

杉村楚人冠記念館 最新イベント

登録日:2015年7月1日

更新日:2021年1月11日

テーマ展示「てがみ展 楚人冠の交友関係」

杉村楚人冠と交流があった人々を政治、学術、文学と、様々な分野から、そのてがみとともに紹介します。
ホームページではその一部を紹介します。ここに紹介した人びとのほか、吉植庄亮よしうえしょうりょう(歌人・政治家)、牧野良三まきのりょうぞう(政治家)、芦田均あしだひとし(外交官・政治家)、石井光次郎いしいみつじろう(新聞経営者・政治家)、松本烝治まつもとじょうじ(法学者)、荒垣秀雄あらかきひでお(新聞記者・コラムニスト)の手紙を展示しています。

展示期間

令和3年1月13日(水曜日)から3月7日(日曜日)まで

姉崎正治(宗教学者)

日本の宗教学の先駆者、姉崎正治あねざきまさはるが国際連盟学術協力委員会に出席するため渡欧した際、ブリュッセルから送った絵葉書です。
ブリュッセルの名所、小便小僧の図案です。

市河三喜(英文学者)

英文学者市河三喜いちかわさんきが、日本シェイクスピア協会設立にあたり、杉村楚人冠に賛助会員を承諾してもらったことに礼を述べる手紙です。楚人冠は若いころ英語教育に関わったこともあり、英語英文学関係の人脈を持つことも特徴と言えます。
また、市河は楚人冠が雑誌『英語青年』誌上に紹介した、夏目漱石との "so much for A" の訳し方をめぐる議論に結論を出した人物であることにちなみ、この議論についての夏目漱石のてがみを合わせて展示しています。

川路柳虹

詩人の川路柳虹かわじりゅうこうが渡欧中、ベネチアから送った絵葉書です。

杉村楚人冠と川路の交流のきっかけになったのは、楚人冠の長男浩の死でした。
川路に詩を学んでいた浩は、病のため弱冠二十歳にして亡くなります。その生前の望みを叶えようと、川路は自ら経営する曙光詩社しょこうししゃから浩の詩集を刊行、それから楚人冠との交友が始まったのでした。

鳥居素川

大阪朝日新聞のジャーナリスト、鳥居素川とりいそせんが杉村楚人冠の著書『最近新聞紙学』に序文を送った際のてがみです。
送った原稿に対しさらに推敲を加え、修正の検討を頼んでいるあたり、いかにも新聞記者らしい気質が見えます。
『最近新聞紙学』は当時新聞記者の教科書と言われた本で、その序文を依頼したことは、楚人冠がジャーナリストの先輩として鳥居に敬意を持っていたことを示しています。

過去の企画展、講演会などイベントのリストへのリンクです

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

教育委員会 生涯学習部 杉村楚人冠記念館

〒270-1153 千葉県我孫子市緑2丁目5番5号
電話:04-7187-1131 ファクス:04-7185-4330

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
我孫子市役所 法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県我孫子市我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表)
ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
窓口受付時間:平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)
このページの上へ戻る