このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

中谷遺跡

更新日:2016年2月12日

登録日:2016年2月12日

北に利根川を望む台地の縁辺に位置しています。現在の久寺家中学校の西側にあたります。
1988年(昭和57年)発掘調査が行われ、縄文時代前期、古墳時代後期の竪穴式住居が検出されました。いずれの時代の住居からも残りのよい土器が多く出土しており、久寺家・つくし野地区における古代の人々の暮らしを考える上で重要な発見となっています。

中谷遺跡遺構配置図

1983年調査
01・02号が縄文時代の住居。03号が古墳時代の住居です。

発掘区全体図

出土遺物

土製玉類どせいたまるい

土製玉類

住居跡の床面から出土しています。
最下段左の管玉が長さ2.25センチメートル

発掘調査写真

住居内土器出土状況
住居の土器出土状況です。

古墳時代住居跡完掘写真
古墳時代住居跡の完掘写真です。竈と柱穴が確認できます。

竈の遺物出土状況
竈の中から甕の底部が出土している状況です。

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市教育委員会生涯学習部文化・スポーツ課 歴史文化財担当

〒270-1166 我孫子市我孫子1684
電話:04-7185-1583
ファクス:04-7185-1760
Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る