このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

中峠北1号墳

更新日:2018年11月6日

登録日:2016年2月12日

中峠北1号墳はもと利根川であった古利根沼の南東、利根川から入り込んだ深い谷津(亀田谷)の最奥部台地縁辺にあります。

平成18年2~3月に行った発掘調査の結果、直径20メートル、高さ3メートルの円墳であることが分かりました。主体部は木棺に白色粘土を貼り付けたもので、刀3本、刀子2本、銀製耳飾2個、ガラス小玉103個などが出土しました。

また周溝からは埴輪が出土していますが、北東部の一角には人物埴輪が集めて立てられていたようです。人物埴輪には「みずら」を提げて冠をかぶり、腰に刀を差した男子像、髪を結った女子像、馬を引く馬子像、馬型埴輪などがあり、当時の人々の暮らしを彷彿とさせます。埴輪の特徴は高野山1号墳などときわめて似ており、同じ技術をもつ「埴輪職人」が携わっていたと考えられます。

発掘調査写真

出土遺物写真

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市教育委員会生涯学習部文化・スポーツ課 歴史文化財担当

〒270-1166 我孫子市我孫子1684
電話:04-7185-1583
ファクス:04-7185-1760
Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る