このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

ウォーキングによる健康づくり

登録日:2015年7月1日

更新日:2015年7月1日

我孫子市では現在、生活習慣病(高血圧、糖尿病、メタボリックシンドロームなど)が増加しており、要介護者等における介護が必要となった主な原因も、生活習慣病の一つである脳血管疾患や、認知症、関節疾患、骨折・転倒が高い割合を占めています。
※我孫子市の国保特定健診結果 有所見率(平成25年度) 千葉県内52市町村

  • メタボリックシンドロームの該当率:14位
  • LDLコレステロールに異常がみられる者の割合:47位(ワースト10位入り)
  • 糖尿病域に該当する割合:19位

生活習慣病の予防のためには、食生活や運動習慣などを改善していくことが必要ですが、運動はなかなか取り組みにくく、習慣化しにくいのが現状です。
運動習慣をもつための第一歩として、誰でも気軽に始められる『ウォーキング』を始めましょう。

ウォーミングアップ&ストレッチ動画

動画サイトYoutubeに健康づくり支援課作成の動画をUPしてありますので、ご利用ください。

※1分36秒頃からウォーミングアップが始まります。

※5分20秒頃から、下半身のストレッチが始まります。

消費カロリーの計算

歩く速度や時間、体重で消費カロリーは変わります。自分が何カロリー消費したか計算して、適正体重の維持に役立てましょう。
Excelを使って、簡単に消費カロリー計算が出来る表を作りましたので、ご利用ください。

自分の健康状態にあったウォーキングをしましょう。

アクティブガイドでは、18歳から64歳までの方は、運動(3メッツ以上)を10分をプラス、65歳以上の方は、じっとしていないで10分動くことをプラスすることを推奨しています。
運動習慣を身につけることは大切ですが、生活習慣病を持っている方が身体活動に取り組む場合は、かかりつけ医等への相談が必要になります。
また、運動を決定するには、「きつさ」の感覚も有用です。生活習慣病患者の方は、「楽である」または「ややきつい」と感じる程度の強さの身体活動が適切で、「きつい」と感じるような身体活動は避けた方が良いです。
脈拍数で状態を確認し、取り組んでみましょう。

1分当たりの脈拍数の目安と強度の感じ方

強度の感じ方 評価 1分間当たりの脈拍数の目安(拍毎分)
60歳代 50歳代 40歳代 30歳代 20歳代
きつい~
かなりきつい
×(※) 135 145 150 165 170
ややきつい 125 135 140 145 150
楽である 120 125 130 135 135

脈拍の図り方

利き手の人差し指・中指・薬指の3本の指で、利き手でない側の手首の内側にある動脈(親指側で拍動が測れるところ)を10秒間図り、その数値を6倍すると1分間の脈拍数となります。

(「運動基準・運動指針の改定に関する検討会 報告書 平成25年3月」より)

お気に入りのウォーキングコースを見つけましょう

市内の名所旧跡を巡るマップをご紹介します。文化や自然に触れながら歩いてみましょう。

ウォーキングイベント・運動施設について

11月に「手賀沼ふれあいウォーク」というウォーキングイベントを行っています。
また、様々な運動教室や施設がありますので、ウォーキング以外のスポーツにも挑戦してみてください。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

健康福祉部 健康づくり支援課(保健センター)

〒270-1132 千葉県我孫子市湖北台1丁目12番16号
電話:04-7185-1126 ファクス:04-7187-1144

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る