このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

プラネタリウムのご案内

登録日:2019年10月29日

更新日:2020年5月11日

新型コロナウイルス感染症の影響による上映休止について

新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、以下の期間においてプラネタリウムの上映及びイベントの実施を休止しています。
今後の状況により、期間等は変更される場合があります。
水の館の臨時休館についてはこちら

定時上映(土日祝日)

令和2年2月29日(土曜日)から令和2年6月30日(火曜日)まで

団体上映(平日)

令和2年3月2日(月曜日)から令和2年6月30日(火曜日)まで
※団体上映の予約は当面の間お受けできません。

中止イベント

令和2年3月7日(土曜日)実施予定
 ・星空CDコンサート「心の旅~1970年代特集~」
 ・ワークショップ「ほしぞら星座箱を作ってみよう」
令和2年5月16日(土曜日)実施予定
 ・星空たんけん観望会「春の星空を楽しもう!」 
令和2年6月6日(土曜日)実施予定
 ・ボサノヴァコンサート in Planetarium
令和2年6月15日(月曜日)実施予定
 ・県民の日無料上映

【「水の館」ご利用に関するお問い合わせ】
手賀沼親水広場、水の館の利用に関することやプラネタリウムに関するお問い合わせ
電話:04-7184-0555(開館時間:午前9時から午後5時※土曜日、日曜日、祝日も対応)

水の館プラネタリウムについて

水の館のプラネタリウムは、従来のピンホール方式の投影機に加え、デジタル式投影機を導入し、さらに迫力ある映像がお楽しみいただけるようになりました。
プラネタリウムを見て、宇宙に浮かぶ地球に思いをはせ、その表層で生活している私たちの環境を考えるきっかけにしていただけたら幸いです。


プラネタリウム投影イメージ

定時上映について(※新型コロナウイルス感染症防止のため中止)

上映期間

令和2年4月18日(土曜日)から令和2年7月12日(日曜日)まで(予定)

上映日時

土曜日、日曜日、祝日に上映します。
テーマ番組「時をはかる」:午前10時、午後1時、午後3時(各20分)
星空解説「今夜、なにがみえるかな」:午前11時、午後2時、午後4時(各20分)

※番組は時期によって入れ替わります。
 また、6月15日(千葉県民の日)や、7月1日(我孫子市制施行日)、小学校の夏休み、春休み期間は平日にも上映します(詳細はお電話でご確認ください)。

テーマ番組「時をはかる」

時の記念日が制定されてから100年。これにちなんで天文とゆかりの深い時間という、普段はあたりまえのように使っているものさしについて説明します。

星空解説「今夜、なにがみえるかな」(2020春~夏)

春の夜空の目印は北斗七星。この星の並びを使うと、うしかい座やおとめ座、そしてからす座を見つけることができます。

入館料

高校生以上100円、中学生以下無料。

  • プラネタリウムをご覧になるためにはチケットが必要です。チケットは、水の館3階の事務室にある券売機で購入してください。中学生以下の方も、券売機で無料券をお求めください。
  • 障がい者の方とその介助者の方(障がい者1人につき1人)は入館料が免除されます。水の館3階の事務室にて職員に障がい者手帳をご提示ください。
  • チケットの発券は、上映開始時刻の1時間前から(例:午後1時上映回の発券は正午から)となりますのでご注意ください。

平日の団体予約について

平日は定時上映は行わず、10名以上の団体様に限り、貸切上映を承っております。(時間の指定は可能です)
希望日の2日前までに「手賀沼親水広場利用届(様式第16号)」を手賀沼課に提出してください。
また、大型バスでお越しになる場合は、駐車場のご利用について合わせてご記入いただけます。
2ページ目以降の注意事項についてご確認くださいますよう、お願いいたします。

団体予約での入館料免除について

学校や保育園など、児童や幼児の教育活動の一環として観覧する場合や、障がい施設等の団体で使用される場合は、「様式第6号 プラネタリウム入館料免除申請書」を手賀沼課に提出してください。
申請後、「免除決定通知書」を送付しますので、免除を希望される場合は日数に余裕をもってお申し込みください。

上映できる番組

団体予約の上映については、現在上映中の番組のほか、これまで上映した次の番組からご希望の番組をお選びいただけます。

これまで上映した番組
学習番組「月」
小学校4年生で習う天体「月」を取り上げ、月の動きや満ち欠けについて解説します。※一部小学校6年生、中学生の内容が含まれます。
惑星探査機「ボイジャー」
惑星探査機ボイジャーの活躍を紹介します。(やや大人向け)
月のうさぎ
月にまつわる風習や、探査機が撮影した画像などを紹介します。(子ども向け)
南十字星の見える空
オーストラリアや南極でみられる星空などを紹介します。
プラネタリウムで時空旅行
月から見た光景や、ピラミッドが作られたころの星の並びなど、普段絶対見ることのできない星空を見られます。
地球・星・宇宙
銀河系の星の大きさなど、宇宙のスケールを感じられます。
夜空を旅する星の鳥
人は身近な鳥を、夜空に星座として描きました。秋の夜空に描かれた鳥の星座を見ていきます。
美しき天体めぐり~星雲編~
冬の星座に見られる美しい星雲や星団をめぐりながら、宇宙のダイナミックさを感じられます。
人類が月に降り立つまで~アポロ月面着陸50周年~
1969年、アポロ11号が月面着陸に成功するまでの歩みを数々のエピソードと共に紹介します。
天の川をめぐる・・・
天の川について語られてきたことや、最新の天文学で見えてきた銀河の様子を紹介します。
星空への招待
美しい天体をめぐりながら、星の一生や天文現象などを紹介します。
星はすばる
日本人はもとより、世界の人々にとって印象的な天体「すばる」を紹介しながら宇宙の神秘を語ります。

星空ガイド「今夜、なにがみえるかな」

「水の館」プラネタリウムの番組や月々の星の話、市内のイベント情報を季節ごとにお届けします。
水の館のほか、近隣センターでも配布しています。

令和2年度

平成31年度・令和元年度

平成30年度

平成29年度

※「団体投影」について、「水曜日を除く平日」となっておりますが、「平日のみ」となります。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

環境経済部 手賀沼課

〒270-1146 千葉県我孫子市高野山新田193番地
電話:04-7185-1484 ファクス:04-7185-5869

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る