このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

布佐余間戸遺跡(縄文)

更新日:2018年8月27日

登録日:2016年2月10日

東西に長い我孫子の台地の東端に位置していました(消滅)。現在の布佐平和台3丁目付近にあたります。
1979~80年(昭和54~55年)に発掘調査が行われました。
縄文時代草創期・早期と古墳~平安時代の複合遺跡です。
縄文時代の遺構は炉穴と土坑が見つかっています。

出土遺物

深鉢ふかばち(草創期)

多縄文系

口径:17.6センチメートル
高さ:15.5センチメートル
底径:6.8センチメートル

多縄文系土器とよばれる縄文時代草創期後半の土器です。
我孫子市内で出土した土器の中ではもっとも古いものと考えられます。
土器の表面には縄文が施され、口唇部には刻みが施されています。

深鉢ふかばち(早期)

田戸下層式

口径:33.8センチメートル
高さ:36.0センチメートル

土器の底が尖っているため、尖底土器と呼ばれます。地面に突き刺すようにして立てていたようです。

その他の時代

布佐余間戸遺跡はいろいろな時代の遺跡が重なっています。各時代の様子については下の時代をクリックしてください。

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市教育委員会生涯学習部文化・スポーツ課 歴史文化財担当

〒270-1166 我孫子市我孫子1684
電話:04-7185-1583
ファクス:04-7185-1760
Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る