このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

柴崎遺跡(前期)

更新日:2016年2月10日

登録日:2016年2月10日

東西に長い我孫子の台地のほぼ中央に位置し、北に利根川を望む台地上にありました(消滅)。
現在の天王台駅の北東に位置しています。
1973~77年(昭和48~52年)に5回の発掘調査が行われ、縄文時代早期~前期の遺構が確認されました。
早期の炉穴と前期の住居跡が見つかっています。

出土遺物

深鉢ふかばち(前期)

黒浜式

口径:17.0センチメートル
高さ:18.6センチメートル
底径:7.5センチメートル

縄文時代前期前半の土器です。
細い沈線で葉脈のような模様が描かれています。これは次の段階の諸磯式土器にみられる肋骨文という文様の祖形だともいわれる文様です。
土器の胎土(土器を作る粘土)に植物の繊維が含まれており、そのために土器の断面は多孔質で真っ黒にみえます。繊維質が炭化した状態で残っていることもしばしばあります。

その他の時代

柴崎遺跡は縄文時代早期の遺構が重なっています。縄文早期の様子については下の時代をクリックしてください。

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市教育委員会生涯学習部文化・スポーツ課 歴史文化財担当

〒270-1166 我孫子市我孫子1684
電話:04-7185-1583
ファクス:04-7185-1760
Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る