このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

鹿島前遺跡(縄文後期)

更新日:2016年2月12日

登録日:2016年2月12日

東西に長い我孫子の台地のほぼ中央部に位置し、北に利根川を望む台地上にありました(消滅)。
現在の中峠台付近にあたります。
1978~83年(昭和53~58年)に5次の発掘調査が行われました。
旧石器時代、縄文時代早期~後期、古墳時代、中近世の複合遺跡です。

出土遺物

はち

堀ノ内式

口径:27.5センチメートル
高さ:18.2センチメートル
底径:8.3センチメートル

縄文時代後期前半の土器です。
胴部の下のほうに屈曲があり、上に向かって広がる形をしています。
口縁には粘土紐がぐるりと一周、波打つように貼り付けられており、
胴部には沈線で幾何学模様が描かれています。
また、内面の口縁部付近にも沈線で模様が描かれています。
滝前遺跡出土の土器と形が似ています。

その他の時代

鹿島前遺跡はいろいろな時代の遺跡が重なっています。各時代の様子については下の時代をクリックしてください。

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市教育委員会生涯学習部文化・スポーツ課 歴史文化財担当

〒270-1166 我孫子市我孫子1684
電話:04-7185-1583
ファクス:04-7185-1760
Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る