このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

年金保険料の免除

登録日:2015年7月1日

更新日:2020年4月16日

所得が少ないなど保険料を納めることが困難な場合には、免除または猶予される制度があります。
以下の項目をクリックすると内容へジャンプします。

申請免除 (全額免除、4分の3免除、半額免除、4分の1免除)

所得がなかったり、所得が少なく保険料を全額納付することが困難な人は、市役所の国保年金課に申請し、日本年金機構の承認を得られた場合に、保険料が免除されます。全額免除、4分の3免除、半額免除、4分の1免除を選択して申請できます。承認されるかどうかは、申請者本人、申請者の配偶者及び世帯主の前年中の所得によって決定されます。所得基準のほかに、失業などによる特例があります。

申請方法

申請可能な期間は現年度と過年度(申請時点から2年1カ月前までの期間)についてです。

申請先は、市役所本庁舎国保年金課年金担当です。(行政サービスセンターでは受付しておりません。)

年金手帳と印鑑をお持ちください。失業に伴う申請の際は、雇用保険の離職票等も必要となります。

配偶者が別世帯にいる場合は、配偶者のマイナンバー又は基礎年金番号若しくは現住所の記入が必要になります。

申請書は、日本年金機構のホームページよりダウンロードできます。

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ケース3:国民年金保険料の免除を受けたいとき(外部サイト)

  • 詳細については、お問い合わせください。

学生納付特例 (平成14年4月から夜間部、通信教育の学生も対象に。)

学生で本人の所得が一定以下(注釈1)の人は、申請により在学期間中の保険料の納付が猶予されます。

(注釈1)前年の所得≦118万円+(扶養親族等の数×38万円)+社会保険料控除額等

申請方法

申請可能な期間は現年度と過年度(申請時点から2年1カ月前までの期間)についてです。

申請先は、市役所本庁舎国保年金課年金担当と各行政サービスセンターです。学生であることを確認できる書類(注釈2)、印鑑をお持ちください。失業に伴う申請の際は、雇用保険離職票等も必要となります。

なお、申請書は郵送にて提出していただくことも可能です。必要な添付書類(注釈2)とともに、市役所又は年金事務所まで郵送してください。
(注釈2)申請する年度に在籍していたことの分かるもの(学生証の写し・在学証明書・授業料納付書等)

申請書は、日本年金機構のホームページよりダウンロードできます。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ケース4:国民年金保険料の免除を受けたいとき(学生の方)(外部サイト)

納付猶予

学生でない50歳未満の人は、同居している世帯主の所得にかかわらず、申請者本人とその配偶者の所得が一定以下(注釈3)のとき、申請により保険料の納付が猶予されます。

(注釈3)前年の所得≦35万円×(扶養親族等の数+1)+22万円

申請方法

申請可能な期間は現年度と過年度(申請時点から2年1カ月前までの期間)についてです。

ただし、制度改正により平成28年7月1日から対象年齢がそれまでの30歳未満から50歳未満へ拡大されたため、平成27年度以前の申請については当時の年齢が30歳未満の方のみ申請できます。

申請先は、市役所本庁舎国保年金課年金担当です。(行政サービスセンターでは受付しておりません。)

年金手帳と印鑑をお持ちください。失業に伴う申請の際は、雇用保険の離職票等も必要となります。

配偶者が別世帯にいる場合は、配偶者のマイナンバー又は基礎年金番号若しくは現住所の記入が必要になります。

  • 詳細については、お問い合わせください。

法定免除

障害基礎年金(または障害厚生年金・障害共済年金)の1級・2級を受けているときや生活保護法の生活扶助などを受けているときは、届出により保険料の全額が免除されます。

納付をご希望の方は、法定免除の期間であっても保険料を通常納付できる「納付申出制度」をご利用ください。(平成26年4月分から開始)

産前産後免除

国民年金第1号被保険者が出産を行った際に、出産前後の一定期間(注釈4)の国民年金保険料が免除される制度が、平成31年4月から始まりました
(注釈4)出産予定日又は、出産日が属する月の前月から4か月間(多胎妊娠の場合は、出産予定日又は出産日が属する月の3か月前から6か月間)

注意:出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます。
(死産・流産・早産された方を含みます。)

申請方法

出産予定日の6か月前から届出が可能です。
出産予定日又は、出産日が国民年金第1号被保険者の期間を有する方、かつ、出産日が平成31年2月1日以降の方が対象となり、遡って届出が可能です

申請先は、市役所本庁舎国保年金課年金担当です。(行政サービスセンターでは受付しておりません。)

年金手帳・母子手帳・印鑑をお持ちください。

なお、申請書は郵送にて提出していただくことも可能です。必要な添付書類(注釈5)とともに、市役所まで郵送してください。
(注釈5)母子健康手帳の写し(表紙と分娩予定日が記載されているページ)

申請書は日本年金機構のホームページよりダウンロードできます。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ケース7:国民年金第1号被保険者が出産を予定している(出産した)とき(外部サイト)

  • 詳細については、お問い合せください。

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

健康福祉部 国保年金課

〒270-1192 千葉県我孫子市我孫子1858番地(本庁舎1階)
電話:04-7185-1111(代表) ファクス:04-7185-4380

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
我孫子市役所 法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県我孫子市我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表)
ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
窓口受付時間:平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)
このページの上へ戻る