このページの先頭ですサイトメニューここから
このページの本文へ移動
サイトメニューここまで

本文ここから

標本資料の収集

標本資料の収集と保存

我孫子市鳥の博物館では、常設展示や企画展示など教育普及活動に利用するために、日本産鳥類を中心とした鳥類の雌雄、成幼、骨格標本を収集し、博物館資料としています。博物館資料としての日本産鳥類標本のコレクションをまず整えることが目標であり、鳥の博物館の存在意義として重要と考えます。
当館の標本収集の方針の詳細については、以下のリンクから「鳥の博物館標本収集」をご覧ください。
2021年3月より、山階鳥類研究所の運営する標本データベースを通じて、我孫子市鳥の博物館の標本を検索・閲覧できるようになりました。標本データベースの「キーワード検索」から「所属」のチェックを「我孫子市鳥の博物館」だけにして検索していただくと、当館の標本一覧を見ることができます。また、種名や採集場所などで絞り込んで検索することもできます。
山階鳥類研究所標本データベース
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。https://decochan.net/(外部サイト)

斃死鳥(へいしちょう)の資料提供のお願い

展示している標本や 収蔵庫の標本の多くは全国の協力者のみなさまから寄贈された斃死鳥(へいしちょう:交通事故や病死など不慮の事故で死亡した鳥)をもとにして製作されています。我孫子市鳥の博物館では、全国から斃死鳥を集めています。鳥を見に野山、海岸などに行かれたとき、もしそのような鳥を見つけられましたら、我孫子市鳥の博物館にご連絡いただければ幸いです。輸送料など、寄贈者の負担にならない措置がとられております。
連絡先・送付先は以下の通りです。お送りいただく前にご一報をお願いいたします。
〒270-1145 千葉県我孫子市高野山234-3
我孫子市鳥の博物館 宛
電話 04-7185-2212

本文ここまで


以下フッターです。
鳥の博物館外観

我孫子市鳥の博物館

〒270-1145 千葉県我孫子市高野山234番地3号
電話:04-7185-2212
リンクページへ
このページの上へ戻る
Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る