このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

弾道ミサイルが発射された場合の情報伝達と取るべき行動について

登録日:2017年4月24日

更新日:2018年4月9日

Jアラートによる情報伝達

Jアラートとは

 北朝鮮から発射された弾道ミサイルが日本に飛来する場合、弾道ミサイルは極めて短時間で日本に飛来することが予想されます。
仮に弾道ミサイルが日本に飛来する可能性がある場合には、政府より24時間いつでも全国瞬時警報システム(Jアラート)を使用し、緊急情報を伝達します。

Jアラートを使用すると、我孫子市の防災行政無線が自動的に起動し、屋外スピーカー等から警報が流れるほか、携帯電話に緊急速報メール・エリアメールが配信されます。

情報伝達の内容

 Jアラートが活用されると、防災行政無線でサイレン音とともにメッセージを放送されます。メッセージは日本語のみの放送となります。
 また、携帯電話にミサイルの発射情報を伝える緊急速報メール・エリアメールが配信され、着信音が鳴ります。 

弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について

内閣官房国民保護ポータルサイトに、昨今の情勢を踏まえ、国民から多くの問い合わせが寄せられていることから、「弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について」及び「弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A」等が掲載されました

弾道ミサイル発射直後の情報伝達

ミサイルが日本に落下する可能性がある場合は、Jアラートを活用して、防災行政無線で特別なサイレン音とともにメッセージを流すほか、緊急速報メール等により緊急情報をお知らせします。

弾道ミサイル落下時における避難の必要性について

 弾道ミサイルによる攻撃の被害の様相は、その弾頭の種類に応じて異なりますが、弾頭の種類に関わらず、弾道ミサイル着弾時には、爆風や建物等が破壊されたことに伴う破片などが発生します。
 また、極めて短時間で我が国に着弾することが予想されるため、避難行動の時間が限られることから、爆風や破片などによる身体への被害を避けるため、速やかに以下のような状況に応じた避難行動をとる必要があります。

【屋外にいる場合】

  • ミサイル着弾時の爆風や破片などの被害を避けるため、近くの建物の中か地下に避難する。

【建物がない場合】

  • ミサイル着弾時の爆風や破片などによる被害を避けるため、物陰に身を隠すか、地面に伏せて頭部を守る。

【屋内にいる場合】

  • 爆風で壊れた窓ガラスなどで被害を受けないよう、できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動する。

避難または避難後は、行政の指示に従って、落ち着いて行動してください。

なお、さらに詳しい情報については、関係リンクを参照ください。

以下リンク先「国民保護ポータルサイト」にてご確認ください。

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

市民生活部 市民安全課

〒270-1192 千葉県我孫子市我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) ファクス:04-7185-5777

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る