このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

ひとり親家庭等医療費等助成制度

登録日:2015年7月1日

更新日:2015年7月1日

ひとり親家庭等医療費等助成制度とは

ひとり親家庭等医療費助成制度とは、ひとり親家庭等の方が、病気やケガなどをしたとき、安心して病院などで受診できるように医療費の自己負担分の一部を公費で助成する制度です。

助成を受けられる方

我孫子市に住所があり、健康保険に加入している方で、ひとり親家庭等の父または母もしくは養育者と、そのひとり親等に養育される18歳まで(18歳に達した日以降、最初の3月31日まで)の児童

別表に掲げる所得制限があります。審査により、全額助成対象者半額助成対象者となられた方が給付を受けられます。

※次の方は受けられません。

  • 申請者、扶養義務者の所得が所得限度額以上の方
  • 生活保護受給中の方
  • 児童福祉施設(利用契約で入所している方は除く)などに入所している方

中学3年生までのお子さんは、「子ども医療費助成事業」での申請をお願いします。

詳しくは、「子ども医療費助成事業のご案内」を参考にしてください。

父または母もしくは養育者の所得および扶養義務者の所得が下表の所得限度額未満の方

別表《所得限度額表》

税法上の扶養人数 申請者本人 扶養義務者
全額助成 半額助成 全額助成 半額助成
0人 1,920,000円 2,342,000円 2,360,000円 6,216,000円
1人 2,300,000円 2,722,000円 2,740,000円 6,465,000円
2人 2,680,000円 3,102,000円 3,120,000円 6,678,000円
3人 3,060,000円 3,482,000円 3,500,000円 6,891,000円
4人 3,440,000円 3,862,000円 3,880,000円 7,104,000円
5人 3,820,000円 4,242,000円 4,260,000円 7,317,000円

所得制限について

新たに申請される場合の所得とは

  • 1月から6月までの申請の場合・・・前々年の所得
  • 7月から12月までの申請の場合・・・前年の所得

※養育費を受け取っている場合は、8割が所得に加算されます。
※扶養義務者とは、申請者と同居している直系親族(父母、祖父母、兄弟姉妹等)で、生計をともにしている方です。

助成登録の手続き

(1)登録期間

登録の申請を受理した日の属する月の翌月1日から初めての7月末まで
※毎年(8月)更新の手続きが必要です。

(2)必要書類

郵送での受付は実施していません。申請者本人が子ども支援課までおいでください。

持参いただく書類

  • ひとり親家庭とわかる戸籍全部事項記載書(戸籍謄本)・・発行から1ヶ月以内
  • 健康保険証の写し(申請者及び児童全員)
  • 1月2日以降に転入した方は、所得証明書(前住所地の市役所等で取得)
  • 申請者名義の通帳の写し(振込み口座用)
  • 印鑑

子ども支援課窓口で記入いただく書類

  • ひとり親家庭等医療費費助成資格申請書
  • 養育費に関する申告書
  • その他受給要件に必要となるもの(ご家庭の状況により、別居申立書など)

なお、児童扶養手当とあわせて手続きをする場合、重複している書類は省略できます。

助成の範囲

(1)保険診療分医療費および保険調剤費の一部。
(2)保険適用診療外の費用(差額ベッド代、容器代、健康診断費など)は対象になりません。
(3)一部負担金のうち、健康保険組合などから給付される高額療養費または、家族療養付加金があるときは、その額を差し引いて助成します。
(4)子ども医療費助成申請につき自己負担がある場合は、全額助成対象者にかぎりその自己負担分を助成します。

助成給付申請方法

医療費の給付申請は、医療を受け支払った日の翌月から2年間有効です。
申請漏れなどをなくすために、おおむね3ヶ月程度を限度に申請をお願いします。

病院等で自己負担額を一旦お支払いのうえ「ひとり親家庭等医療費等給付申請書」に必要事項を記入し、受診者別にわけて、領収書を添付のうえ申請ください。

子ども支援課窓口各行政サービスセンター郵送(子ども支援課に到着した日が受付日になります)
にて、受付ます。

領収書は、受診者氏名保険点数診療年月日医療機関受領印領収金額の記載があるものを提出ください。

申請書審査後、ご指定の金融機関の口座に振り込みます。(申請月の翌月末の予定です)
・・事前に通知いたします。

申請についての質問Q&A

Q1:母子家庭で、母と高校生の子の家庭です。母子で同じ日に同じ病院で診察を受けました。申請はどうすればよいですか?

A1:母と子、別々に申請書が必要です。それぞれに各人の領収書を添付して申請ください。

Q2:入院をして、一ヶ月の費用が高額療養費の対象だといわれました。申請方法をおしえてください。

A2:ご加入の健康保険組合等で申請方法が異なる場合があります。国民健康保険であれば、市役所国保年金課へ、その他は、ご加入の保険組合等に確認のうえ、それぞれ申請してください。
その後、高額療養費支給決定通知等がお手元に届いたら、領収書とあわせて、「ひとり親家庭等医療費等給付申請書」で、申請ください。自己負担金より高額療養費を差し引いた額を、助成します。

Q3:子どもが平成29年5月で18歳になりました。その月で助成は終わりですか?

A3:お子さんが、18歳に達した日以降、最初の3月31日までが対象です。平成30年3月31日受診分まで申請できます。

次に該当するときは届出をお願いします

  • 加入健康保険が変わったとき
  • 住所を変更したとき
  • 扶養義務者等が変わったとき
  • 氏名を変更したとき
  • 振込み登録口座を変更したいとき
  • 婚姻等により、ひとり親家庭でなくなったとき

申請書・記入例のダウンロード

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

子ども部 子ども支援課

〒270-1192 千葉県我孫子市我孫子1858番地(西別館2階)
電話:04-7185-1111(代表) ファクス:04-7183-3437

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る