このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年度高齢者肺炎球菌予防接種

登録日:2015年7月1日

更新日:2017年4月1日

我孫子市では、初めてこの予防接種を受ける65歳以上の全ての方が助成を受けられます。

  • 予防接種法に基づく定期接種の対象者は、65歳以上の5歳刻みの方で、平成29年度内に65歳・70歳・75歳・80歳・85歳・90歳・95歳・100歳になる方へは、平成29年4月に予診票を送付しました。
  • 独自事業として定期接種対象年齢に該当しない65歳以上(例えば73歳)の方にも助成を行っています。接種前に、健康づくり支援課へご連絡のうえ、予診票を取り寄せてから接種を受けてください。

日本人の死因第3位は肺炎です。肺炎球菌はその肺炎を引き起こす原因菌の1つであり、慢性気道感染症、中耳炎、副鼻腔炎、敗血症、髄膜炎などの原因にもなります。予防接種を受けることにより、感染症を予防し、重症化を防ぐことができます。定期接種化される「23価肺炎球菌莢膜ポリサッカライドワクチン」は、国内に分布する莢膜型肺炎球菌の約80パーセントに対応することができるといわれています。

1.接種対象者

接種日現在、本市に住民登録をしている、次の(1)または(2)に該当する方

(1)年度内に65歳以上(昭和28年4月1日以前の生まれ)の方
(2)60歳以上65歳未満の方で、心臓、腎臓若しくは呼吸器の障害により日常の生活が極度に制限される方又はヒト免疫不全ウィルスによる重度の免疫の機能障害を有する方で、高齢者肺炎球菌ワクチンの予防接種を希望する方
※1過去に接種を受けたことがある方は、定期接種の対象外です。
※2意思確認ができない方への接種は、任意の接種となり本事業の対象となりません。全額自己負担となります。
※3(2)に該当する方は、診断書で障害の程度の確認が必要となります。主治医にご相談ください。

2.接種期間

平成29年4月1日から平成30年3月31日

3.接種回数

1回 (公費助成の対象となるのは、初めて接種を受ける方です)

4.接種費用

2,500円
※ただし、次の方は自己負担が免除になります。

  • 生活保護受給世帯の方
  • 中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立の支援に関する法律による支援給付受給世帯に属する方

5.持参するもの

  • 保険証等:住所・生年月日が確認できるもの
  • 予診票:「高齢者肺炎球菌感染症予防接種予診票」に必要事項を記入してお持ちください。
    ※国が定める対象者(平成29年度中に65・70・75・80・85・90・95・100歳になる方)には、平成29年4月に予診票を送付しました。我孫子市では、平成29年度に65歳以上で初めて接種を受ける方も公費助成の対象としています。予診票がお手元になく、接種を希望する方は、事前に健康づくり支援課へご連絡ください。
  • 新規ウインドウで開きます。健康手帳
  • その他:自己負担免除の方は「休日・夜間等医療受給証」または「本人確認証」を持参してください。

6.接種できる場所

(市内予防接種契約医療機関及び県外契約契約医療機関)

※この他の医療機関での接種を希望する場合は、健康づくり支援課へご連絡ください。

7.安全性について

ワクチンについては、有効性・安全性を確認してから供給されていますが、接種後、腫れたり、熱が出たりするなどの症状が出ることがあるほか、まれに重い副反応を引き起こす可能性もあります。

以上の点をご理解いただいた上で、接種を受けるようお願いいたします。

※高齢者肺炎球菌感染症予防接種に関する最新の情報は、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省ホームページ(外部サイト)をご覧ください。

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

健康福祉部 健康づくり支援課(保健センター)

〒270-1132 千葉県我孫子市湖北台1丁目12番16号
電話:04-7185-1126 ファクス:04-7187-1144

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る