このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成31年度 剪定枝木チップの放射能濃度の測定結果

登録日:2019年7月26日

更新日:2019年7月26日

剪定枝木チップの放射能濃度を測定値をお知らせいたします。

剪定枝木チップなどの放射性物質測定結果

資源として回収している剪定枝木の放射性物質の測定値です。

採取場所

搬入物:我孫子市クリーンセンター破砕処理施設(我孫子市中峠2274番地)
ストックヤード保管物:剪定枝木等チップストックヤード(我孫子市中峠2117番1他)

測定機関

東京テクニカルサービス

測定器

ゲルマニウム半導体測定装置(SEIKO/BG&G社製GEM20P4-70)

分析方法

廃棄物関係ガイドライン第五部放射能濃度等測定方法ガイドライン」(平成25年3月第2版環境省)

【搬入物】
測定月 放射性セシウム(ベクレル毎キログラム)
セシウム134 セシウム137 合計
令和元年7月

不検出(20)

120(20)

120

令和元年6月

不検出(20)

130(20)

130

令和元年5月

21(20)

200(20)

221

31年4月

38(20)

430(20)

468

【ストックヤード保管物 】
測定月 放射性セシウム(ベクレル毎キログラム)
セシウム134 セシウム137 合計

令和元年7月

不検出(20)

170(20)

170

令和元年6月

不検出(20)

200(20)

200

令和元年5月

30(20)

430(20)

460

31年4月

不検出(20)

150(20)

150

※()内は検出下限値。分析結果が検出下限値未満の場合は、「不検出」と表示します。

平成23年8月1日付で農林水産省から肥料・土壌改良資材・培土中の放射性セシウム濃度の暫定許容値が400ベクレル毎キログラムとして示されました。県による堆肥等の放射性物質の検査の結果、暫定許容値を超えるものが複数確認されました。これは、原発事故以降に、落ち葉・剪定枝・雑草等を堆肥原料として、さらには屋外で野積みしていたことが原因ではないかと推測しています。農林水産省からも8月30日に高濃度の放射性セシウムを含む可能性のある堆肥原料として、落ち葉、剪定枝、雑草等を使用しないよう指導がありました。このようなことから当分の間剪定枝木チップの配布を中止いたしますので、ご理解をおねがいいたします。

今後の放射性物質の測定について

今後、必要に応じ、剪定枝木チップや生ごみ堆肥の放射性物質の測定を実施し、公表いたします。

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

環境経済部 クリーンセンター

〒270-1121 千葉県我孫子市中峠2264番地
電話:04-7187-0015 ファクス:04-7187-2379

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る