このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

生活困窮者自立支援制度(自立相談支援・住居確保給付金・一時生活支援)

登録日:2015年7月1日

更新日:2020年6月1日

制度の内容

生活困窮者自立支援法に基づき、平成27年4月から生活困窮者に対する支援制度が始まりました。
我孫子市では生活に困窮している人が自立した生活を送れるように生活相談を受け、それぞれの状況に応じた適切な支援を行っています。
働きたくても働けない、住む所がないなど、まずは困っていることを相談窓口にご相談ください。
相談窓口では一人ひとりの状況に合わせた支援プランを作成し、専門の支援員が相談者に寄り添いながら、他の専門機関と連携して、解決に向けた支援を行います。

自立相談支援事業

生活に困窮している人が生活保護に陥ることなく、早い段階で自立した生活に戻れるように、専門性を有する支援員が相談を受け、その人の抱えるさまざまな問題に対応した支援へとつなげていきます。

生活を支援する事業

住居確保給付金

離職等により家賃を支払うことが困難な人が、安定して就職活動ができるように、期限付きで家賃相当額を支給します。
*離職後2年以内で、かつ、所得、預貯金額が一定水準以下の方に限られます。
対象者が、令和2年4月20日以降離職、廃業から2年以内、または休業等により収入が減少し、離職等と同程度の状況にある方も対象となりました。
詳しくは社会福祉課、生活相談担当までお問合せください。

対象者

次のいずれにも該当する方

  1. 離職等により経済的に困窮し、住居喪失者または住居喪失のおそれがある者であること
  2. 申請日において、離職、廃業の日から2年以内であること、または就業している個人の給与その他の業務上の収入を得る機会が当該個人の責めに帰すべき理由、都合によらないで減少し、当該個人の就労の状況が離職または廃業の場合と同等程度の状況にあること
  3. 離職等の日において、その属する世帯の生計を主として維持していたこと
  4. 申請日の属する月における、申請者及び申請者と同一の世帯に属する者の収入の合計額が、収入要件以下であること
  5. 申請日における、申請者及び申請者と同一の世帯に属する者の金融資産の合計額が、資産要件以下であること
  6. ハローワークに求職の申し込みをし、誠実かつ熱心に常用就職を目指した求職活動を行うこと(新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、当面の間、ハローワークへの求職の申し込みは、不要となりました。)
  7. 国の雇用施策による給付(職業訓練受講給付金)または自治体等が実施する離職者等に対する住居の確保を目的とした類似の給付等を、申請者及び申請者と同一の世帯に属する者が受けていないこと
  8. 申請者及び申請者と同一の世帯に属する者がいずれも暴力団員でないこと
収入・金融資産の要件
世帯人数収入要件

金融資産要件

1人81,000円+家賃額(上限41,000円)486,000円以下
2人123,000円+家賃額(上限49,000円)738,000円以下
3人157,000円家賃額(53,000円)942,000円以下
4人194000円家賃額(53,000円)1,000,000円以下
5人232,000円家賃額(53,000円)1,000,000円以下
支給額

家賃相当額(共益費・管理費等は含まない)を我孫子市社会福祉課から大家等に直接振り込みます。

  • 1人世帯 41,000円以内
  • 2人世帯 49,000円以内
  • 3人から5人までの世帯 53,000円以内

注:6人以上の世帯についてはお問い合わせください

支給期間
  1. 原則として3か月間を限度とします
  2. ただし、一定の条件に当てはまる場合は支給期間を3か月延長、更に3か月を限度に再延長することができます(最長9か月間)
支給期間に守っていただくこと

受給中、次の求職活動等要件を満たすこと、または我孫子市社会福祉課の相談支援員の作成するプランに基づく就労支援を受けること

  1. 毎月4回以上、我孫子市社会福祉課の相談支援員の面接等の支援を受ける(新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、当面の間、毎月1回電話等による支援となります)
  2. 毎月2回以上、ハローワークで職業相談等を受ける(新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、当面の間、免除となります)
  3. 原則週1回以上、求人先へ応募を行うまたは求人先の面接を受ける(新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、当面の間、応募や面接の回数は免除されますが就職活動を行っていただきます
申請時に必要なもの
  1. 住居確保給付金申請書類一式
  2. 本人確認書類(運転免許証・個人番号カード・住民基本台帳カード・旅券・各種福祉手帳・健康保険証・住民票・戸籍謄本等の写しのいずれか)
  3. 2年以内に離職または廃業したことが確認できる書類の写し(離職票等)、または申請日において就業している個人の給与その他の業務上の収入を得る機会が当該個人の責めに帰すべき理由、都合によらないで減少し、当該個人の就労の状況が離職または廃業の場合と同等程度の状況にあることを確認できる書類の写し
  4. 申請者及び申請者と同一の世帯に属する者のうち収入がある者について収入が確認できる書類の写し(給与明細書等)
  5. 申請者と同一の世帯に属する者の金融機関の通帳等の写し
  6. ハローワークの発行する「求職受付票(ハローワークカード)」の写し(新型コロナウイルス感染症の感染防止のため、当面の間、不要となりました)
  7. 賃貸借契約書

注:支給決定に必要な書類をはじめ、申請手続きについての詳細は、社会福祉課生活相談担当までお問合せください。


書類様式

一時生活支援事業

生活に困窮していて住居を持てない人、住居を失ってしまった人に対して、一定期間内に限り宿泊場所や食事の提供などを行います。
※所得が一定水準以下の人が対象です。

こんな方はご相談ください

  1. 経済的な理由で生活に困っている。
  2. 借金の返済で生活が立ち行かない。
  3. 就職活動の仕方がわからない。働いた経験がない。
  4. 引きこもりやニートで悩んでいる本人や家族。
  5. DVを受けていて悩んでいる。
  6. 養育費がもらえなくなった、減った。
  7. 相談できる人がいない。
  8. これまで制度の狭間で支援を受けられなかった複合的な課題を抱えた人。

※年齢に制限はありません。また相談は無料です。
窓口に来られない場合には相談員が訪問することもできます。
ご家族など周りの方からの相談でも受付いたします。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

健康福祉部 社会福祉課

〒270-1192 千葉県我孫子市我孫子1858番地(西別館2・3階)
電話:04-7185-1111 ファクス:04-7185-3933

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
我孫子市役所 法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県我孫子市我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表)
ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
窓口受付時間:平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)
このページの上へ戻る