このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

我孫子市地域防災計画

登録日:2015年7月1日

更新日:2015年7月1日

地域防災計画とは

「我孫子市地域防災計画」は、災害対策基本法第42条の規定に基づき、市長を会長とする、防災関係機関の委員により構成される「我孫子市危機管理対策会議」が策定する、災害対策全般にわたる基本的な計画です。

本計画では、市内における地震や風水害等に対して、我孫子市及び防災関係機関が有する全機能を有効に発揮し、災害の予防並びに応急対策、復旧・復興対策を円滑に実施することにより、市民の皆さんの生命、身体および財産を守り、被害を最小限に抑えることを目的として策定しています。

平成27年度修正の概要

修正の背景(必要性)

「我孫子市地域防災計画」は、災害対策基本法第42条の規定に基づき、「我孫子市市民危機管理対策会議」が策定する、災害対策全般にわたる基本的な計画であり、策定以来数度の見直しを経ており、近年では平成19年度に「災害による被害を軽減する」ことを目的に修正を行ない、平成24年度にも、 東日本大震災による災害対策基本法の改正や新たな防災対策への教訓、風水害対策編における集中豪雨被害への対策など、都市型自然災害への対応が可能な実効性のある計画修正を行なっています。
今回の修正は、平成25年6月に公布された災害対策基本法改正に伴う、指定緊急避難場所、指定避難所の指定や避難行動要支援者対策の整備に関する項目の修正等を中心に、平成27年3月に修正された千葉県地域防災計画との整合も図り、前回の修正項目等をさらに精査していくことで、さらなる減災対策を進めていくために、見直しを行なったものです。

見直しの方向性

(1)避難対策の強化

・緊急避難場所、避難所、福祉避難所の指定(災害対策基本法改正に準拠)
・避難命令基準の明確化
・風水害時の自主避難所の検討
・浸水想定区域内の要配慮者施設等の指定(水防法第15条に準拠)
・避難所運営マニュアルの整備

(2)庁内体制の強化

・災害対策本部、警戒本部の設置基準や役割の明確化
・地域対策支部の体制の強化
・庁内事務分掌の見直し
・業務継続計画及び各課災害マニュアルの整備強化

(3)応急復旧対策の充実

・防災備蓄倉庫の整備
・給水体制の整備
・マンホールトイレの整備
・緊急輸送道路の見直し
・災害時応援協定のあり方の見直し
・防災拠点(小学校)の明確化

(4)災害時要配慮者や災害医療対策の充実

・避難行動要支援者対策の整備
・災害時医療救護体制の整備

(5)その他の前回修正時からの見直し

・計画における災害想定の明確化
・防災訓練のあり方の見直し
・雪害対策、火山噴火による降灰対策、竜巻対策の整備
・法改正や組織改編に伴う名称変更などの文言整理
・過去の修正履歴や風水害履歴の更新

主な修正事項

(1)避難対策の強化

災害対策基本法の改正に伴い、新たに緊急避難場所、避難所、福祉避難所を指定する。(法準拠・新規)
■地震対策編  第2章 災害予防計画 第5節 防災拠点施設の整備

避難所の開設及び運営の基準、手順、方法を明確にし、避難所運営マニュアルを整備する。(拡充)
■地震対策編  第3章 災害応急対策計画 第8節 避難 

台風襲来時などの予測可能な災害時に、市民からの要望に応じて開設する自主避難所について、新たに検討していく。(新規)
■風水害対策編  第3章 災害応急対策計画 第8節 避難

外水氾濫や土砂災害が発生した場合、又は発生するおそれのある場合の、避難命令の基準を明確にする。(整理)
■風水害対策編  第3章 災害応急対策計画 第8節 避難

(2)庁内体制の強化

災害時の市役所の業務継続計画や各課の災害マニュアルの整備を図り、市役所の災害対応が迅速かつ効果的に機能できるよう強化を図る。(拡充)
■地震対策編 第2章 災害予防計画 第6節 応急活動体制の整備

地域に根ざした応急復旧活動を実施するため、地域対策支部を増員し、体制を強化する。(拡充)
■地震対策編 第3章 災害応急対策計画 第1節 災害応急活動体制
■風水害対策編 第3章 災害応急対策計画 第1節 災害応急活動体制

前回修正後の新たな業務への対応や、各課が現実的に対応できるよう、庁内事務分掌を見直す。(整理)
■地震対策編 第3章 災害応急対策計画 第1節 災害応急活動体制
■風水害対策編 第3章 災害応急対策計画 第1節 災害応急活動体制

風水害時の災害対策本部及び警戒本部の設置基準や、各本部の機能や役割を明確にすると共に、避難所運営の応援体制を強化する。(整理・拡充)
■風水害対策編 第3章 災害応急対策計画 第1節 災害応急活動体制
■風水害対策編 第3章 災害応急対策計画 第8節 避難

(3)応急復旧対策の充実

地域の防災拠点(全13小学校)を明確にし、避難所や給水、トイレなどの機能を集中して整備していくと共に、地域住民に周知し連携を図る。(新規)
■地震対策編 第2章 災害予防計画 第6節 応急活動体制の整備

資機材や食糧を、効率的・効果的に分散備蓄し、拠点機能のネットワーク化をさらに進めるため、防災備蓄倉庫の配置バランスを見直す。(拡充)
■地震対策編 第2章 災害予防計画 第5節 防災拠点施設の整備

災害応急対策や復旧を早期に進めるため、市の緊急輸送路について整理し、県の指定した路線と有機的に連携を保てるようにする。(整理)
■地震対策編 第2章 災害予防計画 第6節 応急活動体制の整備

広域的な応援体制や、各種団体・民間企業との災害時応援協定について、協定の公平性・現実性・継続性の観点から、連携の強化を図る。(整理)、
■地震対策編 第2章 災害予防計画 第7節 広域応援体制の整備

給水のための水源について、全小学校の受水槽や災害対策用井戸、簡易防災井戸などの位置付けを整備する。(整理)
■地震対策編 第2章 災害予防計画 第8節 被災者支援体制の整備
■地震対策編 第3章 災害応急対策計画 第12節 生活救援対策

下水道施設が被災した場合の、マンホールトイレを活用した、し尿処理方法についての整備を図る。(新規)
■地震対策編 第2章 災害予防計画 第8節 被災者支援体制の整備
■地震対策編 第3章 災害応急対策計画 第14節 防疫・清掃・廃棄物対策

(4)災害時要配慮者や災害医療対策の充実

災害対策基本法の改正に伴い、新たに避難行動要支援者対策を整備する(法準拠・新規)
■地震対策編 第2章 災害予防計画 第9節 要配慮者の安全確保体制の整備

災害時の応急医療救護体制について、医師会や県との連携や、救護所での医療救護活動を見直しを図る。(拡充)
■地震対策編 第3章 災害応急対策計画 第9節 応急医療救護

(5)その他の前回修正時からの見直し

地域防災計画策定の前提となる、災害の被害想定を明確にする。(新規)
■地震対策編 第1章 総則 第1節 計画の前提条件

防災訓練の実施にあたり、各種訓練の目的や方法、対象者などを明確にし、訓練のあり方を見直す。(整理)
■地震対策編 第2章 災害予防計画 第1節 防災力の向上

前回修正後の風水害履歴を更新する。、また、これまでの地域防災計画の修正履歴を新たに資料編に記載する。(整理)
■風水害対策編 第1章 総則 第1節 計画の前提条件
■資料編

風水害対策編において、雪害、竜巻、火山噴火による降灰について、それぞれ新たに節を設け対策を策定する。(新規)
■風水害対策編 第3章 応急対策計画計画 
第21節 雪害対策
第22節 竜巻対策
第23節 火山噴火対策

災害対策基本法の改正や組織改編に伴う名称変更などの文言整理を行なう【例:災害時要援護者⇒避難行動要支援者】(整理)

我孫子市地域防災計画(平成27年度修正)

ダイジェスト版

地域防災計画は災害対策全般に係る、多岐にわたる内容を網羅した計画です。そのため、内容をわかりやすくまとめた「ダイジェスト版」を発行しています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

市民生活部 市民安全課

〒270-1192 千葉県我孫子市我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) ファクス:04-7185-5777

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る