このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

我孫子市地域防災計画

登録日:2015年7月1日

更新日:2019年3月20日

地域防災計画とは

 「我孫子市地域防災計画」は、災害対策基本法第42条の規定に基づき、市長を会長とする、防災関係機関の委員により構成される「我孫子市危機管理対策会議」が策定する、災害対策全般にわたる基本的な計画です。

 本計画では、市内における地震や風水害等に対して、我孫子市及び防災関係機関が有する全機能を有効に発揮し、災害の予防並びに応急対策、復旧・復興対策を円滑に実施することにより、市民の皆さんの生命、身体および財産を守り、被害を最小限に抑えることを目的として策定しています。

平成30年度修正の概要

修正の背景(必要性)

「我孫子市地域防災計画」は、災害対策基本法第42条の規定に基づき、「我孫子市市民危機管理対策会議」が策定する、災害対策全般にわたる基本的な計画であり、策定以来数度の見直しを経ており、近年では平成24年度に東日本大震災による災害対策基本法の改正や新たな防災対策への教訓、風水害対策編における集中豪雨被害への対策など、都市型自然災害への対応が可能な実効性のある修正を行ないました。また、直近の平成27年度の修正では、災害対策基本法改正に伴う指定緊急避難場所・指定避難所の指定や避難命令発令基準の改定、要配慮者利用施設の指定、避難行動要支援者対策に関する整備、災害医療救護体制の整備、職員の配備体制の見直し等を中心に、千葉県地域防災計画との整合も図り、実効性の伴う計画となるよう、内容の充実を図りました。
 今回の修正は、国の防災基本計画や関係法令の改正、平成29年度に修正された千葉県地域防災計画の内容を踏まえ、大規模災害時の応援受入体制の整備や、熊本地震等の災害を教訓とした災害対策の強化の中でも特に避難所運営の改善、適切な避難行動を促す情報伝達、効率的な庁内体制の構築、防災備蓄倉庫の体系的整備等の修正を中心に、前回の修正項目等をさらに精査していくことで、さらなる減災対策を進めていくために、見直しを行なったものです。

見直しの方向性

(1)避難対策の強化

・避難命令の名称の変更及び避難命令基準の明確化
・安全で適切な避難行動の明確化
・浸水想定区域見直しによる緊急避難場所、指定避難所の指定の変更及び要配慮者施設等の指定(水防法第15条に準拠)
・避難所運営などの改善(エコノミー症候群対策、ペットとの避難対策等)

(2)庁内体制の強化

・災害対策本部、警戒本部の設置基準や役割の明確化及び集中豪雨災害に適応した体制の構築
・地域対策支部の体制の強化
・庁内事務分掌の見直し
・業務継続計画及び各課災害マニュアルの整備強化

(3)応急復旧対策の充実

・防災備蓄倉庫の整備の見直し
・緊急輸送道路の見直し
・大規模災害時の応援受入体制の整備
・公助、共助、自助それぞれの備蓄対策の強化
・物資の輸送体制の整備
・新たな情報伝達体制の整備

(4)その他の前回修正時からの見直し

・千葉県地震被害想定調査結果の反映
・防災訓練のあり方の見直し
・土砂災害防止法の改正による対策や新たな指定
・法改正や組織改編に伴う名称変更などの文言整理
・過去の修正履歴や風水害履歴の更新

主な修正事項

(1)避難対策の強化

利根川の浸水想定区域の見直しにより、緊急避難場所の指定を変更する。また、同様に水防法及び土砂法に基づき、要配慮者利用施設について新たに指定する。(水防法・土砂法に準拠、拡充)
■地震対策編  第2章 災害予防計画 第3節 地盤災害の防止
■風水害対策編  第2章 災害予防計画 第2節 水害予防対策

「避難準備・高齢者等避難開始」「避難指示(緊急)」への名称の変更を行なうと共に、手賀川・手賀沼の水位周知河川の指定に伴い、避難命令基準を明確にする。(拡充)
■地震対策編  第3章 災害応急対策計画 第8節 避難 など
■風水害対策編 第3章 災害応急対策計画 第8節 避難

避難所運営について、ペットとの避難対策やエコノミー症候群対策、指定避難所以外の避難者への対応等について改善を図る。(拡充)
■地震対策編  第3章 災害応急対策計画 第8節 避難

水害時の安全で適切な避難行動について、市民への周知内容を明確にする。(整理)
■風水害対策編  第3章 災害応急対策計画 第8節 避難

(2)庁内体制の強化

地域防災計画に基づく各種の個別計画やマニュアル、業務継続計画などを整備し、それぞれを具体化・体系化することで実効性を高める。(拡充)
■地震対策編 第2章 災害予防計画 第6節 応急活動体制の整備

地震及び風水害時にきめ細やかに、地域に根ざした応急復旧活動を実施するため、地域対策支部の体制を強化する。(拡充)
■地震対策編 第3章 災害応急対策計画 第1節 災害応急活動体制
■風水害対策編 第3章 災害応急対策計画 第1節 災害応急活動体制

前回修正後の組織変更への対応や、各課が現実的に対応できるよう、庁内事務分掌を見直す。(整理)
■地震対策編 第3章 災害応急対策計画 第1節 災害応急活動体制
■風水害対策編 第3章 災害応急対策計画 第1節 災害応急活動体制

災害対策本部及び警戒本部の設置基準や役割を明確にし、集中豪雨災害に適応した体制を新たに構築することで、各本部の機能や役割を明確にし強化する。(整理・拡充)
■風水害対策編 第3章 災害応急対策計画 第1節 災害応急活動体制

(3)応急復旧対策の充実

公助、共助、自助それぞれが行なうべき備蓄の例を明示し、地域防災力の強化と向上を図る(整理)
■総論編 第4節 地域防災力の向上

資機材や食糧を、効率的・効果的に分散備蓄し、拠点機能のネットワーク化をさらに進めるため、防災備蓄倉庫の配置箇所を見直す。(拡充)
■地震対策編 第2章 災害予防計画 第5節 防災拠点施設の整備

新たな情報伝達体制の検討をするとともに、Wi-Fiの促進を図ることで、情報収集・伝達体制を強化する。(拡充)
■地震対策編 第2章 災害予防計画 第6節 応急活動体制の整備

災害応急対策や復旧を早期に進めるため、市の緊急輸送路について整理するとともに、水害時のヘリサインの整備を行ない、緊急輸送体制の整備を図る(拡充)
■地震対策編 第2章 災害予防計画 第6節 応急活動体制の整備

大規模災害時の国や県、地方自治体等からの応援の受け入れ体制を明確にすることで、災害復旧や復興活動の円滑化を図る。(拡充)
■地震対策編 第3章 災害応急対策計画 第4節 応援要請、応援の受け入れ

災害発生後の救援物資の受け入れや、物資の避難所等への輸送体制を整備し、災害時の被災者への応急対策を強化する。(拡充)
■地震対策編 第3章 災害応急対策計画 第12節 生活救援対策

(4)その他の前回修正時からの見直し

千葉県による地震被害想定調査結果や平成30年に発生した大阪府北部の地震を参考資料として明記することで、地域防災計画策定の前提となる、災害の被害想定を具体的にイメージしやすいものとする。(新規)
■地震対策編 第1章 総則 第1節 計画の前提条件

防災訓練の実施にあたり、各種訓練の目的や方法、対象者などを明確にし、訓練のあり方を見直す。(整理)
■地震対策編 第2章 災害予防計画 第1節 防災力の向上

土砂災害防止法の改正による土砂災害への対策や、要配慮者利用施設について新たに指定する。(土砂法に準拠、拡充)
■地震対策編 第2章 災害予防計画 第3節 地盤災害の防止

防災基本計画の改正や組織改編に伴う名称変更などの文言整理を行なう(整理)

我孫子市地域防災計画(平成30年度修正)

ダイジェスト版

地域防災計画は災害対策全般に係る、多岐にわたる内容を網羅した計画です。そのため、内容をわかりやすくまとめた「ダイジェスト版」を発行しています。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

市民生活部 市民安全課

〒270-1192 千葉県我孫子市我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) ファクス:04-7185-5777

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
我孫子市役所 法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県我孫子市我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表)
ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
窓口受付時間:平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)
このページの上へ戻る