このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

結核は過去の病気ではありません

登録日:2015年7月1日

更新日:2017年2月10日

結核なんて、過去の病気とは思っていませんか?
結核は、千葉県で年間約千人、全国で年間約2万人もの新たな患者が発生している、いまなお十分注意が必要な感染症です。
早期発見・早期治療は本人の重症化を防ぐためだけではなく、大切な家族や職場等への感染の拡大を防ぐためにも重要です。

結核とはどんな病気?

結核とは、結核菌によって主に肺に炎症を起こす病気です。
結核は、結核患者がせきやくしゃみをした時に飛び散った結核菌を直接吸い込むことによって感染します。

「感染=発病」ではありません

感染しても、発病するのは10人に1人程度です。

感染しても必ず発病するわけではありません。健康であれば、体に備わった免疫力で結核菌を抑え込み、ほとんどの人は発症せずにすみます。
ただし、免疫力が低下している状態では発病する恐れがあります。

発病すると・・・

  • 長引くせきやたん
  • 長引く微熱
  • だるさ
  • 胸の痛み
  • 体重減少

・・・といった、かぜのような症状がおこります。

結核の予防には、日ごろの健康管理が大切です

  • 十分に睡眠をとる
  • 過労に注意する
  • 規則正しい生活をする
  • 栄養バランスの整った食事をする
  • 適度な運動をする
  • 定期的な検診
    ※我孫子市では、40歳以上の方を対象に、結核・肺がん検診(胸部エックス線検査)を実施しています。

そして、結核の症状を理解し、「変だな」と思ったら早期に受診しましょう!

守ろう!「せきエチケット!」

厚生労働省では、新型インフルエンザの感染を防ぐため、「せきエチケット」の呼びかけをしています。
「せきエチケット」は新型インフルエンザだけでなく、結核をはじめとする他の空気感染する感染症にも有効ですので、実行しましょう。

  • くしゃみの際には、ティッシュなどで口と鼻を押さえ、回りの人から顔をそむける
  • 使用後のティッシュは、すぐにふた付きのごみ箱に捨てる
  • 症状がある人は、マスクを正しく着用し、感染防止に努める

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

健康福祉部 健康づくり支援課(保健センター)

〒270-1132 千葉県我孫子市湖北台1丁目12番16号
電話:04-7185-1126 ファクス:04-7187-1144

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る