このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

杉村楚人冠記念館 最新イベント

登録日:2015年7月1日

更新日:2018年3月4日

企画展「楚人冠と俳人たち ホトトギスから湖畔吟社こはんぎんしゃまで」

俳人としても知られる杉村楚人冠ですが、特定の師匠を持たず、時に自分は俳句がわからないと公言するなど、少し変わった俳人でした。そのかわり、俳句を通して多くの人と交流したことが特徴です。
そこで、俳句をとおして楚人冠と交流したさまざまな俳人たちをこの展示では紹介します。

展示期間

平成30年3月6日(火曜日)から平成30年5月13日(日曜日)まで

1 杉村楚人冠の俳句

楚人冠の青年期の俳句ノートから、老年期に句碑のために書いた俳句の掛け軸まで、俳句を知らないといいながら独学で俳句を楽しんでいた様子を紹介します。

2 ホトトギスの俳人たち

楚人冠の時代に主流を占めたホトトギスの俳人たちから、高浜虚子たかはまきょし永田青嵐ながたせいらん赤星水竹居あかぼしすいちくきょ水原秋桜子みずはらしゅうおうし山口青邨やまぐちせいそんの作品を紹介します。なかでも、虚子の短冊の句「沼べりの寒さを愛したりけんか」は、楚人冠の七回忌の年に建立された句碑の除幕式に献句されたものです。

3 独自の道を開いた俳人たち

ここでは、自ら主宰していた俳誌に、楚人冠の投句をもらったことのある二人の俳人を紹介します。郷里の山梨県で俳誌『雲母うんも』を主宰し俳句に励んでいた飯田蛇笏いいだだこつと、新傾向俳句の大須賀乙字おおすかおつじの流れをくみ俳誌『草上そうじょう』を主宰した伊東月草いとうげっそうです。どちらも、楚人冠の投句に感謝する内容の手紙が残っています。

4 楚人冠の道を継ぐ 湖畔吟社

楚人冠が主宰し、我孫子の青年たちと俳句を楽しんだのが湖畔吟社という俳句結社です。湖畔吟社の活動は現在まで我孫子で引き継がれています。楚人冠の時代の資料に加え、現会員の作品も展示して、湖畔吟社の歴史を感じていただけるようにしています。

過去の企画展、講演会などイベントのリストへのリンクです

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

教育委員会 生涯学習部 杉村楚人冠記念館

〒270-1153 千葉県我孫子市緑2丁目5番5号
電話:04-7182-8578 ファクス:04-7185-4330

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る