このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

杉村楚人冠記念館 最新イベント

登録日:2015年7月1日

更新日:2018年10月14日

企画展「明治時代の世界一周旅行 -楚人冠の「世界一周会」」

今から110年前に開催された「朝日新聞世界一周会」。
船と鉄道で欧米をめぐるこの旅行は、実は日本で初めての海外パックツアーといえる、画期的なものだったのです。
その企画者こそ杉村楚人冠でした。果たしてどんな旅行だったのか?
この展示でご紹介します。

展示期間

平成30年10月14日(日曜日)から平成31年1月14日(月曜日・祝日)まで

1 世界一周会まで

楚人冠がこの企画を思い立ったのは、明治39年(1906年)の朝日新聞満韓巡遊船という旅行企画の随行と、明治40年(1907)年のイギリス特派を経験していたからでした。
そして、その企画を実現するために欠かせなかったパートナーが、世界的な旅行代理店のトーマス・クック社でした。

2 新聞社の文化事業

太平洋を渡った一行は大陸横断鉄道でアメリカ東海岸へでます。大学や証券取引所など、今の観光旅行とはだいぶ趣の違うところも見学しています。
そして、アメリカでの最大の話題は、ホワイトハウスでセオドア・ルーズベルト大統領と会見したことでした。

3 イギリスの歓迎

イギリスでも王立取引所や議会など様々な場所を見学します。
一方で、ライシアム・シアターで「ロミオとジュリエット」の観劇に招待されるなど、様々な歓迎を受けました。
『デーリー・メール』社長のノースクリフ卿は、前年に楚人冠と親交を結んでいたので、16世紀の建築を利用した別荘サットン・プレースに招待してくれました。

4 パリからイタリアへ

イタリアやパリでは、路線図やガイドブックなどの資料が残っています。自由時間には大いに役立ったことでしょう。
また、楚人冠にとっては原稿を書く上でも欠かせない資料であったはずです。

5 ドイツ、ロシア、そして帰国

ベルリン、サンクトペテルブルグ、モスクワなどを見学した一行は、シベリア鉄道と航路を乗り継いで、帰国しました。
世界一周会参加者同士の交流は、旅行の後まで続いたことがわかっています。
そこで、参加者のなかから、当時の東京府議会議長杉原栄三郎、野村證券の創業者野村徳七の後年の書簡を展示します。

過去の企画展、講演会などイベントのリストへのリンクです

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

教育委員会 生涯学習部 杉村楚人冠記念館

〒270-1153 千葉県我孫子市緑2丁目5番5号
電話:04-7182-8578 ファクス:04-7185-4330

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る