このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

焼却灰搬入決定後の経過

登録日:2015年7月1日

更新日:2015年7月1日

放射性物質を含む焼却灰等の一時保管場所搬入決定後の経過

平成25年11月5日

星野市長は放射性物質を含むごみ焼却灰及び下水道汚泥焼却灰の一時保管に係る竜巻等に対する対応についての要請書を千葉県に提出しました。

【全文】

放射性物質を含むごみ焼却灰及び下水道汚泥焼却灰の一時保管に係る竜巻等に対する対応について(要請)

9月2日に野田市において竜巻が発生し甚大な被害をもたらしました。また、竜巻や大雨が局所的に全国各地で起き被害をもたらしています。こうした、異常気象の状況下において、手賀沼流域下水道終末処理場内の指定廃棄物の一時保管状況に対して、市民は一段と不安を抱いています。

ついては、昨今の異常気象がもたらす竜巻や突風対策として、フレキシブルコンテナで保管されている焼却灰をコンクリートボックス等の強固なもので覆うなど、焼却灰の飛散、流出に対して安全面の向上が図れるよう、更なる安全安心に対する追加措置を講じるとともに、一時保管施設の安全対策を再要請します。

平成25年7月30日

青木章副市長は、7月26日に松戸市が発表した放射性物質を含む焼却灰の一時保管施設への搬入再開について、要請文を松戸市の織原副市長に手渡しました。

【全文】

松戸市長 本郷谷 健次様

我孫子市長 星野 順一郎

放射性物質を含むごみ焼却灰の一時保管施設への搬入再開の中止について

手賀沼流域下水道終末処理場敷地内のごみ焼却灰一時保管施設への搬入について、貴市は、他市に先立ち平成25年2月から搬入を停止し、自区内保管に努力いただいてきたところです。

また、先般の照会文書でも剪定枝木等の処理方法については、「従前同様、量を調整しながら計画的に焼却していく予定です。」との回答をいただいたところです。

ところが、7月26日に突然に搬入再開の発表がされました。

当市としては、甚だ遺憾であり、強く抗議するとともに、下記事項を実施し、搬入を中止するよう要請します。

1.自区内保管の更なる推進を図ること。

2.放射能濃度の上昇に起因すると思われる剪定枝木等の焼却以外の処理方法を早急に検討・実施すること。

平成25年3月29日

千葉県知事あてに要望書を提出。

【全文】

放射性物質を含むごみ焼却灰の一時保管について(要望)

放射性物質を含むごみ焼却灰が、手賀沼流域下水道手賀沼終末処理場に昨年12月21日から搬入開始され一時保管されています。

市としては、搬入、保管に対して容認できるものではないと考えていますが、現状を踏まえて市民の健康と安全で安心な暮らしを守るため、次の事項について要望いたします。

要望事項

1.市民有志による調停申請人の会が公害等調整委員会に申請した調停の期間中は、ごみ焼却灰の受け入れを停止すること。

2.搬入3市がごみ焼却灰の搬入削減等の取り組みを行っていることから、25年度に予定している一時保管施設6棟の建設計画を見直すこと。

3.我孫子市との確約書の締結に向けた協議をおこなうこと。

平成25年1月29日

松戸市長、柏市長、流山市長、我孫子市長、印西市長、連名で環境大臣あて緊急要望書を環境省に出向き、環境副大臣に手渡しました。

【全文】

環境大臣 石原 伸晃 様

指定廃棄物の最終処分場の確保に係る緊急要望

千葉県における東京電力福島第一原発事故に伴う放射性物質を含む焼却灰の処理については、松戸市、柏市、流山市、我孫子市、印西市の各市において苦慮しており、問題解決に至っていない状況です。

その現状に対処していく上では、指定廃棄物の処理責任者である国において、当初のスケジュールどおり最終処分場を確保していただくことが重要です。

つきましては、下記の事項について緊急要望いたします。

国は、平成27年4月から指定廃棄物の引受が可能となるよう、最終処分場を確保すること。

平成25年1月10日

千葉県から平成24年12月27日に提出した千葉県知事あての要望書に対する回答がありました。

【全文】

放射性物質を含むごみ焼却灰の搬入に係る要望書について(回答)

平成24年12月27日付環ク第467号で要望のあったこのことについて、地域住民の安全・安心の確保は重要であり、そのためには県及び貴市を含む関係各市による連絡調整会議の早期開催が必要ですので、協力いただきますようお願いします。

なお、搬入各市と締結した協定書の写しは、別添のとおりですが、その他要望事項につきましては、当該連絡調整会議の中で検討してまいります。

千葉県と各市(松戸市・柏市・流山市)との協定書

平成24年12月28日

千葉県知事への要望に加え、柏市、松戸市、流山市に市長が出向き、以下3点についての要望書を提出しました。

1.放射能濃度低減努力及び自区内処理の推進による焼却灰の搬入中止又は削減

2.焼却灰を運搬する際の指定廃棄物ガイドラインの遵守

3.搬入スケジュール、搬入量等の搬入計画及び協定書の写しの提示

平成24年12月27日

千葉県知事あてに要望書を提出。

【全文】

放射性物質を含むごみ焼却灰の搬入に係る要望書

平成24年12月21日に放射性物質を含むごみ焼却灰を手賀沼流域下水道終末処理場に設置した一時保管施設への搬入を開始したことについては、市としては、容認できるものではありません。しかし、市民の健康と安全で安心な暮らしを守るために、搬入や保管に伴う安全対策等の把握は必須であります。つきましては、次の要望事項について、平成25年1月10日までに回答いただきますようお願いいたします。

1.各市の搬入スケジュール、搬入量等の搬入計画及び協定書の写しの提示

2.搬入及び管理に対する安全対策等を含む確約書等の締結に向けた協議

3.放射性物質を含んだごみ焼却灰の一時保管に関する協定書※第9条に定める連絡調整会議の早期開催

※協定書第9条

「放射性物質を含んだごみ焼却灰の一時保管に関する協定書」第9条(連絡調整会議の設置)

一時保管を円滑に実施するために、甲(千葉県)、乙(搬入市)及び関係市で構成する連絡調整会議を設置する。

平成24年12月20日

千葉県は、平成24年12月20日、「松戸市、柏市、流山市の焼却灰の一時保管施設への搬入を開始する」と報道発表しました。

この突然の決定に対し、市では早速千葉県に抗議文を送るとともに、同日、市長および市議会議長らが柏市および松戸市に出向き、搬入の中止を要請しました。しかし、近隣住民の反対行動が行われるなか、21日には両市の焼却灰の一部が搬入されました。

市ではこれまで国や県に対し、最終処分場の提示や複数の保管場所の確保、地元住民への丁寧な説明を再三要請してきました。しかし、市のこうした要請に誠意ある回答が示されていません。今回のように事前の協議もなく、一方的に焼却灰を搬入することは到底容認できるものではありません。

市では今後も、国に対しては最終処分場の早期の確保、県および各市に対しては、搬入日時や量などより具体的な搬入計画の提示と保管に関する管理および安全対策など、市民の健康と安全で安心な暮らしを守るための具体的な対応策を強く求めていきます。

【千葉県知事あて抗議文全文】

千葉県知事 鈴木 栄治 様

我孫子市長 星野 順一郎

放射性物質を含むごみ焼却灰の一時保管の開始について(抗議)

放射性物質を含むごみ焼却灰の一時保管について、我孫子市は、再三にわたり複数の保管場所の確保、最終処分場の提示、地元住民への充分な説明を要請してきたにもかかわらず、新たな対応もなく一時保管の突然の決定は、あまりに乱暴で全く容認できるものではない。

我孫子市として、今回の一時保管の決定に強く抗議するとともに、断固反対する。

【全文】

松戸市長 本郷谷健次様

我孫子市長 星野 順一郎

放射性物質を含むごみ焼却灰の一時保管施設への搬入再開の中止について

手賀沼流域下水道終末処理場敷地内のごみ焼却灰一時保管施設への搬入について、貴市は、他市に先立ち平成25年2月から搬入を停止し、自区内保管に努力いただいてきたところです。

また、先般の照会文書でも剪定枝木等の処理方法については、「従前同様、量を調整しながら計画的に焼却していく予定です。」との回答をいただいたところです。

ところが、7月26日に突然に搬入再開の発表がされました。

当市としては、甚だ遺憾であり、強く抗議するとともに、下記事項を実施し、搬入を中止するよう要請します。

1.自区内保管の更なる推進を図ること。

2.放射能濃度の上昇に起因すると思われる剪定枝木等の焼却以外の処理方法を早急に検討・実施すること。

【全文】

松戸市長 本郷谷 健次様

我孫子市長 星野 順一郎

放射性物質を含むごみ焼却灰の一時保管施設への搬入再開の中止について

手賀沼流域下水道終末処理場敷地内のごみ焼却灰一時保管施設への搬入について、貴市は、他市に先立ち平成25年2月から搬入を停止し、自区内保管に努力いただいてきたところです。

また、先般の照会文書でも剪定枝木等の処理方法については、「従前同様、量を調整しながら計画的に焼却していく予定です。」との回答をいただいたところです。

ところが、7月26日に突然に搬入再開の発表がされました。

当市としては、甚だ遺憾であり、強く抗議するとともに、下記事項を実施し、搬入を中止するよう要請します。

1.自区内保管の更なる推進を図ること。

2.放射能濃度の上昇に起因すると思われる剪定枝木等の焼却以外の処理方法を早急に検討・実施すること。

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

環境経済部 クリーンセンター

〒270-1121 千葉県我孫子市中峠2264番地
電話:04-7187-0015 ファクス:04-7187-2379

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る