このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

男女共同参画講演会

登録日:2015年7月1日

更新日:2019年11月18日

これから開催する講演会のご案内とこれまでの開催報告を掲載しています。

参加募集! 皆川満寿美さん講演会「変えられるか! 私たちの社会~モヤモヤで終わらせないために~」

子育て支援、女性活躍、働き方改革など、様々な政策がとられてきました。
本当に何か変わったの?
自分のこととして考えるとどこかにモヤモヤした思いはありませんか。
その思いをモヤモヤのままで終わらせないために、現状を知り、誰もが生きやすい社会にするにはどうすると良いか、講師とともに考えます。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。申し込みは「ちば電子申請システム」から(外部サイト)

日時

令和元年12月7日(土曜日)午後1時30分から午後3時30分、午後1時開場

場所

アビスタホール

申し込み

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。インターネットでの申し込みは「ちば電子申請システム」から(外部サイト)

電話とファクスでも申し込みができます。氏名と電話番号、託児希望の有無をお知らせください。

我孫子市秘書広報課男女共同参画室
電話:04-7185-1752、FAX:04-7185-1520

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。男女共同参画講演会チラシ(PDF:247KB)

白黒印刷用のチラシです。2ページに、ファクス申し込み用紙、駅から会場まで簡単な地図、ネットでの申し込みへの二次元コードが付いています。

山田メユミさん講演会「出会いも子育ても全てはチャンスに…ポジティブ思考で広がるキャリア」開催報告

令和元年6月30日(日曜日)午後1時30分から、アビスタ・ホールで、男女共同参画講演会を開催しました(参加者79人)。講師は我孫子市出身、株式会社アイスタイル取締役・山田メユミさんです。

理系女子の夢、「生活者中心の市場創造」の実現へ

山田さんは東京理科大学卒業後、化粧品メーカーに就職。仕事の傍ら趣味で「週刊コスメ通信」というメールマガジン配信を始めました。予想以上の反響に「生活者にとっても、企業にとっても役立つデータベースを」という構想が生まれました。それを実現しようと1999年、仲間とともに有限会社アイスタイルを創業し、共同代表となりました。

アイスタイルはその後、株式会社となり東京証券取引所市場第一部への上場を果たしました。創業当時資本金300万円、仲間3人で立ち上げた会社は、資本金35億6,000万円、グループ全体で従業員数1,000人超にまで成長。総合美容ポータルサイト「@cosme(以下、アットコスメ)」運営を中心に実店舗やプライベートブランド開発を手掛け、海外戦略も展開中のIT企業です。

アットコスメは、口コミ、写真、動画、ランキングなど様々な形で美容関連の情報を提供。オンラインショッピングができるECサイトも備えています。

「アットコスメは単なる口コミサイトではなくデータベースマーケティングのビジネスモデル」と胸を張る山田さん。約32万商品、口コミ投稿1,500万件、登録会員540万人に加えサイト閲覧者データから成る生活者視点のビッグデータです。「このデータ活用すれば、競合他社同士が共同で新たな市場を開拓することも可能になります」と化粧品メーカーにアピール。約1,000社との取引につなげてきました。

出会いも子育ても全てがチャンス

プライベートでは2児のママである山田さん。出産・子育ての経験を通して女性活躍支援を考えるようになりました。2016年、IS(アイエス)パートナーズをグループ企業として立ち上げ、流山市にサテライトオフィスを開設。「場所と時間とワークスタイル」の多様性を生かすための新たな試みです。
また、山田さんはアイスタイル取締役としての仕事の傍ら、さまざまな活動を続けています。個人的な活動は山田さんのアイデアの源です。複数の上場企業の社外取締役を務めていることについては「大企業経営から学ぶこと、ベンチャー企業の視点から提案できること、双方の強み弱みを改めて認識できる」チャンスと捉えているそうです。
半年間の社会人教育「東京大学エグゼクティブマネジメントプログラム」にもチャレンジしました。そこでは一生学び続ける「リカレント教育」の重要性を痛感し、働きながら学べる仕組みづくりにも取り組んでいます。行動的な山田さんは2017年、「しなやかな型破りが組織を変える」女性リーダーとして、「Forbes JAPANウーマンアワード2017」で個人グランプリを受賞しました。

ポジティブ思考で広がるキャリア

「こう話してくると、とても順風満帆のように見えるかもしれませんが」と山田さんは続けます。就職超氷河期の就活時代、転職、アイスタイル創業直後のITバブル崩壊…。「30代は苦しかったし、くやしい思いもした。その後も、会社のステージが変わっていくに連れて組織における自分の立場も変わっていく。走り続けることに対する苦しみがあった」。そんな時にある人から教えてもらった稲盛和夫さんの「6つの精進」を心の支えとしてきたのだそうです。

最後に山田さんは、ご自身がそれでも「走り続けるために心がけてきた5つのこと」を披露しました。
1.不安な時は何がその原因かとことん自問自答する…不安なまま放置せず、その原因を突き詰めてみよう。見えていなかったことが見えてきたり、状況を客観的に受け止めたりできる。
2.今やるべきことの優先順位をつける…つまり、全部やろうとしないで「今はやらないこと」を決める。例えば、子どもが小さいので夜の会合をやめてみたら、オンラインミーティングやランチミーティングなどのアイデアが浮かんできた。
3.決めたらとことんやってみる、必要な学びは走りながら…万全の体制で始められることはほとんどない。だから「やったことない」と躊躇しない。

4.良い仲間に囲まれるよう努力する…ひとりでなんでもやってしまうのは難しい。常日頃から助け合える仲間を作ることを心がける。
5.常に周囲に「感謝」を、おかげさまの心で…アイスタイルはモノを作っている人たちの代弁者に過ぎないと感じている。だからこそ、作っている人へのリスペクト(尊敬)を忘れない。
山田さんは、「人生100年時代、おそらくどこまでいってもゴールはないですが、いまここに居る感謝と『一日一生』の気持ちを胸に、これからも精進していきます」と締めくくりました。

テンポよい話しぶりで約1時間の講演はあっという間。続いての質問タイムも活発な質疑応答が交わされました。数字データや英語のビジネス用語が次々飛び出しましたが、決して難しくならず、先端ビジネスの世界に引き込まれるような講演会でした。

参加者のアンケートなど

アンケート回答者では30~40歳代が4割以上で、過去5年間では最高でした。また事前申込手段は、ネット経由が全体の6割超(47件)と過去最高。その多くが夜間・休日の申し込みであり、日中働いている人の関心度がうかがえました。
アンケートには講師と同じ働くママはもちろん、男女を問わず、さまざまな人々の共感の声が寄せられました。「考え方が自分に近くて、驚くとともにうれしく思った」部下を持つ立場の男性や、「もう一度働きたくなった」という子育て・離職中の女性からの感想がありました。

平成30年度我孫子市女性活躍推進プロモーション事業講演会

平成30年度の我孫子市男女共同参画講演会は女性活躍推進プロモーション事業として実施し、自分らしい働き方で活躍中の女性たちを講師に招きました。

第1回新聞記者の中村有花なかむらゆうかさん

「ママの生き方、生かし方」スポーツ取材の現場から
平成30年6月30日(土曜日)午後2時から午後3時30分

第2回社会起業家の新妻香織にいつまかおりさん

ピンチから未来への道づくり~被災地で活躍する新妻さんと考える~
平成30年10月28日(日曜日)午後2時から午後4時

これまでの講演会

我孫子市では年2回、男女共同参画講演会を開催しています。1回は市が独自に定める「男女共同参画月間」の6月に、あと1回は市内の男女共同参画団体との共催で秋に実施しています。

テーマをクリックすると講演会報告とポスターなどをごらんになれます。

開催日 テーマ 講師名
2017年10月21日 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。自分に「いいね!」とらわれない生き方をめざして(PDF:7,515KB)

柚木 理子ゆき まさこさん(元川村学園女子大学教授)

2017年6月24日

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。ポストイクメン時代 男の生き方もハーフ&ハーフで(PDF:2,610KB)

田中俊之たなか としゆきさん(大正大学心理社会学部准教授)

2016年10月22日 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。なんでこんなに大変なの?!日本の子育て・介護のゆくえ(PDF:4,582KB)

山根 純佳やまね すみかさん(実践女子大学人間社会学部准教授)

2016年6月26日

ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。わたしの平成幸福論ノート~自分らしい生き方、家族のあり方を考える~(PDF:753KB)

水無田 気流みなした きりうさん(詩人、社会学者、國學院大學経済学部教授)

2015年10月4日 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。自己人生の文字 書いてみませんか~かな文字から男女共同参画を考える~(PDF:1,156KB) 堀井 桃蓮ほりい とうれんさん(創書家、古典文学研究家)
2015年6月27日 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。明るく笑顔で過ごすための“気持ちの切り替え”法(PDF:1,650KB) 宮下 敏子みやした としこさん(フリーアナウンサー、歌手)
2014年9月20日 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。どうせやるならポジティブケア!~介護が必要になっても夢を持ち続けるために~(PDF:1,052KB) 小黒 信也おぐろ しんやさん(NPO未来介護プロジェクト代表)
2014年6月29日 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。私らしいワーク・ライフ・バランス(PDF:6,136KB) 春風亭 鹿の子しゅんぷうてい かのこさん(真打ち落語家)
2013年9月21日 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。子育て支援シンポジウム~こんな子育て支援があるといいね!(PDF:183KB) 内海崎 貴子うちみざき たかこさん(川村学園女子大学教授)
2013年6月30日 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。仕事も介護もあきらめない!~もしも、親が倒れたら~(PDF:168KB) 渥美 由喜あつみ なおきさん(東レ経営研究所ダイバーシティ&ワークライフバランス研究部長)
2012年7月1日 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。フォーラムinあびこ新しい働き方“起業”を考える(PDF:233KB) 澤登 信子さわのぼり のぶこさん(ライフ・カルチャーセンター代表取締役)
さらに以前の記録 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。2007年から2011年(PDF:339KB)

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

総務部 秘書広報課 男女共同参画室

〒270-1192 千葉県我孫子市我孫子1858番地(本庁舎2階)
電話:04-7185-1752 ファクス:04-7185-1520

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る