このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

新型コロナウイルスワクチン接種に関するお知らせ

登録日:2021年2月5日

更新日:2021年9月21日

現在、接種が認められている新型コロナワクチンは、ファイザー社、武田/モデルナ社、アストラゼネカ社の3社であり、我孫子市では、ファイザー社、アストラゼネカ社のワクチン接種が可能です。
ワクチン接種においては、それぞれの効果、副反応等注意事項を必ずご確認ください。

ワクチン接種について

【ファイザー社】

【アストラゼネカ社】

【共通】

新型コロナワクチンの種類

 ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。ファイザー(PDF:777KB)ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。武田/モデルナ(PDF:812KB)ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。アストラゼネカ(PDF:907KB)
種類m-RNAワクチンm-RNAワクチンウイルスベクターワクチン
対象者12歳以上12歳以上40歳以上
接種間隔3週間4週間

4週間から12週間
※最大の効果を得るためには8週間以上

発症予防効果約95%約94%約70%
予約方法
  • インターネット
  • コールセンター
  • 直接予約
  • インターネット
  • コールセンター

(自衛隊大規模接種、職域接種)

  • コールセンター

※1回目と2回目は、必ず同じワクチンでご予約ください。

インターネット予約枠情報の更新について(ファイザー社製ワクチン)

9月22日(水曜日)正午より、インターネット(コールセンター含む)での予約枠を追加します。
※今後の国からのワクチン供給量が示されていないことから、10月以降の予約枠は少なくなる見込みです。接種を希望する方はお早めに予約をお願い致します。

予約について(ファイザー社製ワクチン)

接種を受ける医療機関等によって、予約方法が異なります。新型コロナワクチンの接種ができる市内医療機関でご確認ください。
予約はインターネットまたは、コールセンターで2回分受け付けます。
予約には接種券付きクーポン券に記載のID番号が必要です。お手元に接種券付きクーポン券をご準備下さい。
※対象者全員分のワクチンが確保されているわけではありません。国からのワクチン供給量が少ないため、予約が取れるまでお待ちいただくことがあります。
※市役所・保健センター窓口では予約はできませんので、来所はご遠慮ください。

医療機関等への直接予約

新型コロナワクチンの接種ができる市内医療機関の中で、直接予約ができる医療機関に限ります。医療機関ごとに注意事項がありますので、備考欄をご確認のうえ、予約をしてください。

インターネット予約

外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。予約サイト(外部サイト)
ダウンロードのリンク 新規ウインドウで開きます。予約サイトのご利用方法(PDF)(PDF:951KB)

システム推奨環境

  • Windows10、macOS:chrome
  • iOS:safari
  • Android:chrome

※WindowsでInternet Explorerをご利用の方は、他推奨ブラウザにてご利用ください。

推奨ブラウザ以外をご利用の場合、正常に予約操作が進まない場合があります。


予約サイトに進み、接種可能日時、実施医療機関をご確認の上、2回分の予約をしてください。

  • アクセスが集中した場合は、待合室機能により、順番にご案内します。
  • 予約枠がない場合は表示されません。キャンセルが出た場合は、都度予約枠が表示されます。
  • 事前に氏名等の登録をお願いします。(予約サイトログイン後、「登録情報編集」から登録)

毎週水曜日正午にインターネット予約サイト(コールセンター含む)の予約枠情報を更新し、ホームページ・保健センターだより(メール配信)でお知らせいたします。


電話予約 (我孫子市新型コロナワクチン接種コールセンター)

フリーダイヤル電話:0120-855-366(午前9時から午後5時30分、10月までは土日・祝日も対応
※電話番号のかけ間違いにご注意ください。

2回目の予約が完了していない方へ

早めに2回分の予約をしてください。
接種する医療機関につきましては、1回目と2回目が異なっていても問題ありません。(※市内医療機関では、ファイザー社製ワクチンのみ使用しています。)

2回目の接種の予診票について

市内の医療機関で接種する場合は、1回目接種後に医療機関でお渡しします。
市外の医療機関で接種する場合は、以下の厚生労働省のホームページから印刷し2回目接種用としてご使用ください。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。新型コロナワクチンの予診票・説明書・情報提供資材(外部サイト)
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。予診票(外部サイト)

予約に関するよくある質問

新規ウインドウで開きます。予約に関する質問についてはこちらをご確認ください。

接種券の発送について

接種券付きクーポン券は、以下の通り発送しました。

対象 接種券付きクーポン券
65歳以上 発送済
基礎疾患をお持ちの方・高齢者施設などに従事している方

7月6日(火曜日)発送済

60歳から64歳の方 7月8日(木曜日)発送済
12歳から59歳の方

7月13日(火曜日)発送済


※年齢は令和4年4月1日時点です。(12歳、18歳は接種日時点の年齢)
※平成21年7月2日以降に生まれた方には、誕生日の翌月に接種券付きクーポン券を発送します。

【大規模接種、職域接種を希望した方】

接種で使用する武田/モデルナ社製ワクチンの説明書を同封した接種券付きクーポン券を先行発送しています。皆様の接種状況は、市で把握できないため、6月22日以降に申請された方には、改めてファイザー社製ワクチンの説明書を同封した接種券付クーポン券を発送いたしました。

接種券付きクーポン券については、1通を破棄していただき、説明書及び複写の予診票(市内医療機関で使用)は必要に応じてご使用いただくようお願いいたします。

届いていない方については、外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。ファイザー社製ワクチンの説明書をご確認ください。(外部サイト)

接種券付きクーポン券の再発行

基準日以降に転入された方及び接種券を紛失等された方は、再発行の手続きが必要となります。
接種券の再発行についてのページから手続きをお願いします。
基準日:65歳以上(令和3年2月22日(月曜日)) 64歳以下(令和3年6月18日(金曜日))

接種の同意について

ワクチン接種は強制ではありません。新型コロナウイルス感染症のワクチンの接種は、しっかり情報提供を行ったうえで、接種を受ける方の同意がある場合に限り接種を行うことになります。
予防接種を受ける方には、予防接種による感染症予防の効果と副反応のリスクの双方について理解した上で、自らの意志で接種を受けていただきます。受ける方の同意なく、接種が行われることはありません。

接種方法

原則として、住民票のある市町村での接種となります。
接種の場所については、医療機関での接種を中心とした個別接種となります。

接種回数について

1人2回の接種となります。

接種間隔及び対象年齢

ファイザー社製のワクチンは標準として、1回目から3週間後(3週間後の同じ曜日)に、武田/モデルナ社製のワクチンは4週間後(4週間後の同じ曜日)に、アストラゼネカ社製のワクチンは4週間後から12週間後に2回目を接種することになっています。接種間隔が、それぞれの対象期間を超えた場合は、できるだけ早く2回目を接種してください。なお、WHO(世界保健機関)などでは、ファイザー社製、武田/モデルナ社製は1回目から6週間後までに2回目を接種することが目安として示されています。
参考:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省ホームページ「新型コロナワクチンについて」(外部サイト)
参考:外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省「12歳から15歳のお子様の保護者の方へ「新型コロナワクチン予防接種についての説明書」(外部サイト)

  コミナティ(ファイザー社) モデルナ(武田薬品) アストラゼネカ
対象年齢 12歳以上 12歳以上 原則40歳以上
接種する間隔 3週間 4週間

4週間から12週間
※最大の効果を得るためには8週間以上が望ましいとされています。

接種会場 市内医療機関、市集団接種会場 職域接種会場 市内医療機関

接種費用について

全額公費で接種を行うため、無料で接種できます。

新型コロナウイルスワクチン予防接種済証(臨時)について


接種券付きクーポン券・予防接種済証

この予防接種済証(臨時)が正式な証明書となりますので、大切に保管してください

職域接種(企業、大学等での接種)

その他

新型コロナワクチンに関する相談窓口について

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

電話:0120-761-770(フリーダイヤル)
受付時間:午前9時から午後9時(土日・祝日も実施)

千葉県新型コロナワクチン副反応等専門相談窓口

電話:03-6412-9326
受付時間:24時間対応(土日・祝日含む)
なお、新型コロナワクチン以外の新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口は下記のとおりです。

新型コロナウイルス感染症に関する厚生労働省の電話相談窓口

電話番号:0120-565-653(フリーダイヤル)
受付時間:下記参照(土日・祝日も実施)
・日本語・英語・中国語・韓国語・ポルトガル語・スペイン語:午前9時から午後9時
・タイ語:午前9時から午後6時
・ベトナム語:午前10時から午後7時

今までに報告された新型コロナワクチンの副反応疑い報告など、新型コロナワクチンの接種後の副反応(副作用)に関する情報をお届けしています。詳細はリンク先の厚生労働省のホームページでご確認ください。

船員の方のワクチン接種について

住所地外でワクチン接種を希望される場合は、健康づくり支援課までご相談ください。
(※勤務形態等の理由から住所地外接種の対象となります)

よくあるご質問

(1)ワクチンの効果
日本で接種が行われている新型コロナワクチンは、いずれも、新型コロナウイルス感染症の発症を予防する高い効果があり、また、重症化を予防する効果が期待されています。効果の持続期間や、感染を予防する効果についても、時間の経過や接種者数の増加に伴い、研究が進んでいます。
(2)通常、ファイザー社製のワクチンは1回目から3週間後、武田/モデルナ社製のワクチンは4週間後に2回目を接種することになっていますが、どのくらいずれても大丈夫ですか。
ファイザー社製のワクチンは標準として、1回目から3週間後(3週間後の同じ曜日)に、武田/モデルナ社製のワクチンは4週間後(4週間後の同じ曜日)に2回目を接種することになっています。接種間隔が、ファイザー社製のワクチンの場合は3週間、武田/モデルナ社製のワクチンの場合は4週間を超えたときは、できるだけ早く2回目を接種してください。なお、WHO(世界保健機関)などでは、どちらのワクチンも、1回目から6週間後までに2回目を接種することが目安として示されています。
(3)未成年接種の同意

未成年者であっても、16歳以上の方については、親の同意書は必要ありません。15歳以下の方の接種には、予診票に保護者の署名が必要になります。
外部サイトへリンク 新規ウインドウで開きます。厚生労働省「12歳から15歳のお子様の保護者の方へ「新型コロナワクチン予防接種についての説明書」(外部サイト)


新型コロナウイルスのワクチン接種に関する詳細について

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

健康福祉部 健康づくり支援課(保健センター)

〒270-1132 千葉県我孫子市湖北台1丁目12番16号
電話:04-7185-1126 ファクス:04-7187-1144

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る
我孫子市役所 法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県我孫子市我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表)
ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
窓口受付時間:平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)
このページの上へ戻る