このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

27-5要望書(並木地区自治会連合会)

登録日:2015年11月11日

更新日:2015年11月11日

団体名

並木地区自治会連合会

陳情・要望年月日

平成27年10月13日

要望内容

1.並木地区主要道路の整備促進

 道路の整備促進は、一つが10年、あるいはそれ以上の期間にわたるテーマであり、それゆえに、長期的な計画のもとで地道に行うものであるので、引き続き、よろしくお願いいします。

2.わんぱく丸広場の整備充実等について

 昨年の市の回答書に、「今後は広場の利用状況を見ながら整備を進めていくこととしていますのでご理解とご協力をおねがいします。」とあります。
 昨年の市の回答以降の整備状況と今後の計画についてお聞かせ願いたい。

3.我孫子トンネルの傾斜改善に関する件

 昨年の市の回答書は、「我孫子トンネルの傾斜改善については、これまでも貴連合会より階段の改良・エレベータの設置などの提案もいただきましたが、現用地内では現行基準を満たすことが設置されているなど、実現には多くの課題があります。我孫子駅南北の従来の利便性改善については、他の方法も含め検討していく必要があると考えます。」ということでした。
 その後の検討状況についてお聞かせください。

4.防災に関する件

 昨年の市の回答は、「自主防災組織は、地域住民の自営意識に基づき、『自分たちのまちは自分たちで守る』ことを目標に、自治会ごとに組織しているものです。そのため、我孫子市地域防災計画においても、自主防災組織などの地域コミュニティを構成する団体の災害発生時の役割として、主に、次のような活動が求められています。

  • 地域住民の安否の確認
  • 地域住民が安否に避難するための避難誘導
  • 避難所の自主的な運営

災害発生時にこれらの活動が行えるよう、日頃から訓練や講習会などを実施することが、災害時の被害を減らしていくことにつながります。ぜひ、積極的に継続した活動をお願いいたします。」でした。
 上記の活動には、自治会相互が連携しなければならないものもあり、連合会では自治会相互の情報交換からはじめています。
これらに関して、他地域での取組み状況や行政との連携などについて、連合会でも勉強しながら取組んでいきたいと考えていますので、引き続きのご支援をお願いします。

5.コミュニティ活性化(挨拶運動)について

 昨年の市の回答でも、「挨拶運動は、犯罪を防止するとともに、人と人との絆を深め、地域コミュニティの活性化に貢献する運動と考えています。この運動が並木地区から我孫子市全域に広がり、安全・安心のまちづくりの推進につながることを期待します。市民活動支援課では、平成26年7月、自治会のイベントや積極的な取組等、地域の活動を紹介するホームページを作成し、市としてどのような支援ができるのか、検討していきます。」とあります。
 今後の活動に対する引き続きのご支援をお願いします。

6.放射能除染と汚染物質の除去について

 昨年の懇談会時点からの現在までで、状況進展等がありましたらお聞かせください。

7.空き家問題について

 この問題についても昨年の懇談会時点からの新たな情報等がありましたらお聞かせください。

8.高齢化問題について

 この問題についても昨年の懇談会時点からの新たな情報等がありましたらお聞かせください。
※陳情及び要望事項は全文掲載とする。

回答部課

道路課・公園緑地課・市民安全課・市民活動支援課・放射能対策室・高齢者支援課

回答年月日

平成27年10月26日

回答内容

1.並木地区主要進入道路の整備促進

 今後も道路整備に関する進捗状況などを担当課から報告していきます。
回答部課:道路課

2.わんぱく丸広場の設備充実等について

 昨年の10月以降については、4回の草刈などを行い適正な維持管理に努めています。
 今後の計画ですが、今年度に、オモイガワザクラ14本の植樹を、植樹に適した1月頃に行います。
回答部課:公園緑地課

3.我孫子トンネルの傾斜改善に関する件

 昨年の回答のとおり、現在地での傾斜改善については、現実には多くの課題があります
ので、抜本的な見直しが必要と考えますが、民有地の取得や橋梁・擁壁など既設構造物の改修など、やはり多くの課題があります。
 引き続き、検討の必要があると考えます。
回答部課:道路課

4.防災に関する件

 自主防災組織の活動にあたっては、日頃からの近隣組織や行政との連携が大変に有効です。市では11月7日(土曜)に、並木小学校において、学区内の自治会・自主防災組織・小学校が参加する避難所運営訓練を実施します。実践的な訓練であり、近隣組織や行政等と協力して進める有意義な訓練内容ですので、この訓練等もぜひご活用ください。
回答部課:市民安全課

5.コミュニティ活動化(挨拶運動)について

 地域の方々が自ら行う挨拶運動は、地域に住む人と人との絆を深め、コミュニティの活性化につながる取組みになると考えています。市は、ウェブサイト上に「自治会の活動自慢」のページを設けており、並木地区自治会連合会の挨拶・声かけ運動もこのページで紹介し、活動のPRを行っています。市としては今後もこのような形で活動の周知に協力し、他地域の方々の活動の参考にしていただけるよう支援していきます。
回答部課:市民活動支援課

6.放射能汚染物質除去について

 昨年の懇談会以降、除染に関する状況の変化は特にありません。
小・中学校や保育園・幼稚園など、子どもが多く利用する施設で定期的に実施している
放射線量測定の結果では、除染や年月の経過に伴う放射性物質の自然減衰により、放射線量は低い値で安定的に推移していますが、今後も測定を継続し、局所的に基準値以上の箇所が見つかった場合は、速やかに除染などの対策を講じていきます。
回答部課:放射能対策室

7.空き家問題について

 空き家等対策の推進に関する特別措置法が今年の5月26日に完全施行され、同日「特定空き家等に対する措置」に関する適切な実施を図るために必要な指針が示されました。
 市では、国や県をはじめ、近隣市の動向を注視し、情報収集に努め、法との整合を図りながら「我孫子市空き家等の適正管理に関する条例」を改正し、適切に対応していきます。
回答部課:市民安全課

8.高齢化問題について

 今後、2025年に向け、高齢者の増加、とりわけ後期高齢者が著しく増加していく中、今まで以上に様々な相談ニーズの充実に答えていくことや日常の見守り体制の強化、生活支援サービスの充実を図っていく必要があります。
 そのため、介護予防・日常生活支援総合事業を活用した多様な主体による地域住民を支える仕組みづくりや、市内4か所に設置している高齢者なんでも相談室における相談機能の充実、医療関係者と介護関係者の連携推進などを図っていきます。
回答部課:高齢者支援課

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

総務部 文書情報管理課

〒270-1192 千葉県我孫子市我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) ファクス:04-7185-1142

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る