このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

25-5要望書(湖北台自治会連合会)

登録日:2015年7月1日

更新日:2015年7月1日

要望項目

要望書(日新自治会)

団体名 湖北台自治会連合会
陳情・要望年月日 平成26年2月1日
要望内容 要望書
1 湖北台地区を管轄している消防団(6,11,13分団)から各自治会に寄付の要請があるが、行政(国、地方自治体)から消防団への補助はどうなっているのか。
2 消防団の活動が市民に理解されていない。もっとPRすべきだ。
3 災害時に、防火水槽の蓋を市民が開けられるようにすべきではないか。
4 消防職員の退職者を、消防団員として活用すべきではないか。
5 避難所を市民で運営できるように、マニュアルの作成とその周知徹底をお願いしたい。
6 HAG訓練を徹底することと、最終結論を導き出すような進め方をして欲しい。
7 担架が防災備品の補助金の対象になっていない。
8 放射能問題が発生後、側溝の汚泥を取らないようにとの事であったが、その後どうなったのか。
9 手賀沼流域下水道終末処理場建設の時、蓋をすることになっていたと思うが、蓋をして有効活用できるように、県に要望して欲しい。
10 湖北台中央公園の湖北台保育園側の車止めについて、既に腰を痛めた人が出ているので、軽量なものにして欲しい。
11 湖北台中央公園内の歩道・通路(東側山裾)で、まだ補修していない場所がある。
12 公園内にドッグランを設置している自治体もあるので、今後検討して欲しい。
13 作業小屋の周りは、作業する人の車だけで谷津ミュージアムを見に行った人は、止められないのか。また、谷津ミュージアムにマムシ注意の看板があるが、作業小屋周りに藁を積んで置くことによってマムシが生息する環境を作ることにならないか。
※陳情及び要望事項は全文掲載とする。
回答部課 警防課、市民安全課、道路課、下水道課、公園緑地課、手賀沼課
回答年月日 平成26年2月25日
回答内容 回答項目
1 消防団への補助について
平成23年度までは、財団法人千葉県消防協会の下部組織である我孫子分会を通じて支給される消防団活動補助金と防火宣伝委託補助金を市から消防団に支出していましたが、平成24年4月1日に公益財団法人千葉県消防協会に移行後、我孫子分会を解散しましたので、現在は、消防団への補助金は支給していません。
なお、平成24年度からは、消防操法の夜間訓練に対する出動手当を支給するようにしました。
(警防課)
2 消防団のPRについて
消防団は、さまざまな職業・年齢の人たちが本来の生業の傍ら、「自らの地域は自分で守る」というボランティア精神に基づき活動しています。特に東日本大震災以降、消防団の重要性が注目されていますが、団員の不足など課題を抱えています。また、地域に根ざした組織であるため、その活動には地域の方のご理解が不可欠です。
このため、皆さまに消防団の活動をご理解いただけるよう、2月16日号「広報あびこ」の1面には、消防団の特集記事を掲載しました。引き続きさまざまな手法により消防団のPRに努めたいと考えています。
今後も市民の期待に沿えるよう、訓練や防災の啓発に励み、安心で安全な街づくりを目指しますので、自治会におかれましてもご理解、ご協力をお願いいたします。
(警防課)
3 防火水槽について
防火水槽は、無圧水利でありポンプで加圧する資機材が無いと使用は困難です。また、深いために人が落ちると二次災害になる恐れがあります。
さらに、災害によりライフラインが停止したときは、消火栓が使用不可能となるため、防火水槽が消火活動に重要な役割を果たし、消防隊の出動時に防火水槽が使用できないと消火活動に支障をきたしますので、市民の利用は難しいと考えています。
(警防課)
4 消防退職者の活用について
消防退職者の活用には年齢などの課題もありますが、被災者の救護・救援などの後方支援にあたる消防協力隊や機能別消防団として協力いただけるよう、検討していきたいと思います。
(警防課)
5 避難所運営マニュアルについて
市では、「我孫子市避難所(市内小・中学校版)開設・運営マニュアル」を現在策定中です。これは、災害発生時において避難所の開設から運営、閉鎖までの手引きとなるものです。
今後は、市民の方が参加する避難所運営訓練を通して、避難所運営の効果的な方法を検討していただくとともに、市としても避難所の自主的な運営方法について検討していきます。
(市民安全課)
6 HUG訓練について
防災に関する訓練は、災害発生時に迅速かつ円滑な活動を行うために重要となるものであり、平常時から実施することが必要となります。
市は、実際の避難所となる小中学校の体育館を使用した避難所運営訓練を実施し、実態に即した形での訓練を通して、災害発生時に有効な活動が行えるようにしていきたいと考えています。
(市民安全課)
7 防災備品の補助金対象について
お問合せの「担架」は、救護用の資器材として自主防災組織設立時における交付対象としています。
自主防災組織資器材交付事業は、自主防災組織の設立時に必要な資器材について交付しており、交付基準は、資器材に要する経費として50万円を限度とし、1組織1回限りとしています。
交付できる資器材は、設立した組織が希望する資器材で、救護用、情報連絡用、初期消火用、救出活動用、避難用、給食給水用、資器材保管用などがあります。
(市民安全課)
8 側溝清掃について
震災後しばらくの間は、処分場から側溝汚泥の引き取り拒否や、保管場所の確保などの課題がありましたが、現在はいずれも解消していますので、自治会等で撤去した側溝汚泥も回収が可能です。
(道路課)
9 手賀沼流域下水道終末処理場について
蓋の設置は、平成25年度からの新規工事として「水処理最初沈殿池脱臭覆蓋設置工事」が実施されています。
これら上部利用や空地部分などを含め、千葉県の構想等を確認するとともに、有効活用について検討いただくよう要望していきます。
(下水道課)
10 湖北台中央公園の車止めについて
車止めは、来年度のできるだけ早い時期に、軽量な製品に交換するようにします。
(公園緑地課)
11 湖北台中央公園の修繕について
園路の補修は、10月にいただきましたご要望を受け、ご指摘の箇所の補修を行ったところです。園路の縁など小さい箇所の補修は、状況に応じ部分的に対応します。
(公園緑地課)
12 ドックランの設置について
ドックランは、10月にいただきましたご要望への回答のとおり、施設の整備の必要性や管理・運営に課題があると認識しています。
現在、湖北台中央公園の広場は、日常的にグランドゴルフ、ターゲットバードゴルフなどで利用されています。また、年間を通して産業まつりや地域のお祭りなどの会場としても利用されており、ドックランを設置する場所がないと考えています。
なお、ドックランの適地は、犬の鳴き声も発生することから周辺に住宅がない場所と考えています。
湖北台から比較的近い距離には、手賀沼フィシングセンターのドッグランがありますので、利用のご検討をお願いいたします。
(公園緑地課)
13 谷津ミュージアムについて
谷津ミュージアムの作業小屋周りは、本来、イベントや作業用のスペースで、維持管理作業時等に特例で駐車スペースとしていますが、作業やイベントが無い時は、谷津ミュージアムを訪れる方が利用できるよう検討します。
堆肥置場には、マムシの目撃例があったことから注意喚起の看板を設置しています。堆肥置場は農作業や草刈等の維持管理に必要と考えますが、現在の場所は散策道に隣接しており通行人が多いことから、離れた場所へ移動します。
(手賀沼課)

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

総務部 文書情報管理課

〒270-1192 千葉県我孫子市我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) ファクス:04-7185-1142

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る