このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成27年度 平和の集いー我孫子から平和を願うー(広島派遣中学生報告会)

登録日:2017年3月31日

更新日:2015年12月7日

市制45周年記念事業・戦後70年・我孫子市平和都市宣言30年記念平和事業『平和への集い ~我孫子から平和を願う』

戦後70年、我孫子市平和都市宣言30年にあたる平成27年度は、節目の年にあたるため、さまざまな平和事業を実施しました。その締めくくりとして、原爆や戦争の恐ろしさ、平和の大切さを次の世代に伝えていくことをテーマに、「平和の集い~我孫子から平和を願う~」を開催しました。

○当日スケジュール〈12月6日(日曜日)〉
時間 内容
12時30分から <開場>
13時00分から

<開演>
【第1部】
「中学生が熱く語る 平和への思いを!」

14時15分から

【第2部】
「サダコ鶴寄贈式」
「禎子物語」の朗読

15時40分から

【第3部】
「INORIコンサート in ABIKO」

【第1部】

中学生が熱く語る 平和への思いを!

平成27年8月5日から7日、広島で原爆や戦争の恐ろしさ、平和の大切さを学んだ市内中学生の代表24人が、広島での活動の様子や現地で見て・聞いて・感じたことを報告しました。

◆現地での活動
8月5日(水曜日) 「ヒロシマ青少年平和の集い」に参加
8月6日(木曜日)

広島平和記念式典への参列、「原爆の子の像」への折り鶴奉納、原爆ドームの見学、本川小学校平和資料館の見学、広島平和記念資料館の見学、とうろう流し

8月7日(金曜日) 平和の灯の採火、広島平和記念公園の見学

【第2部】

サダコ鶴寄贈式

「原爆の子の像」のモデルとなった佐々木禎子さんが白血病の闘病中に、生きる希望を込めて折った「折り鶴」が、禎子さんの兄の佐々木雅弘さんと甥の佐々木祐滋さんから我孫子市に寄贈されました。寄贈された折り鶴は、我孫子市生涯学習センター「アビスタ」1階に常設展示しています。

「禎子物語」の朗読(寄贈式後)

禎子さんの兄の雅弘さんと我孫子中学校演劇部による「禎子物語」の朗読。
~内容~
広島で原爆にあい、10年後に原爆症となった少女・佐々木禎子さん。12歳で亡くなるまで、周囲の人を思いやり、明るくふるまいながら千羽鶴を折り続けた禎子さんと家族の物語。

【第3部】

INORI コンサート in ABIKO

佐々木禎子さんの甥でシンガーソングライターの佐々木祐滋さんと、我孫子や近隣に在住の方々が平和を願うコンサートを行いました。

出演予定
佐々木祐滋さん、A-Link、混声合唱団「響」、外山安樹子さん、田尾俶子さん、12Guitarmen、布佐中吹奏楽部、白山中合唱部

「原爆写真」と「戦後70年の取組み」展

我孫子市原爆被爆者の会が所蔵する「原爆写真」と、平成27年度に我孫子市平和事業推進市民会議と市が取り組んできた平和事業を紹介したパネルの展示。

期間

平成27年12月1日(火曜日)~12月6日(日曜日)

場所

けやきプラザ2階ギャラリー1

『サダコと折り鶴』展

12月6日の「平和の集い~我孫子市から平和を願う」で行ったサダコ鶴の寄贈を記念して、広島平和記念資料館が所蔵する「サダコと折り鶴ポスター」を展示しました。

期間

平成27年11月27日(金曜日)~12月6日(日曜日)
 

場所

我孫子インフォメーションセンター「アビシルベ」展示スペース

PDF形式のファイルを開くには、Adobe Acrobat Reader DC(旧Adobe Reader)が必要です。
お持ちでない方は、Adobe社から無償でダウンロードできます。
Get Adobe Reader (新規ウインドウで開きます。)Adobe Acrobat Reader DCのダウンロードへ

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

企画財政部 企画課

〒270-1192 千葉県我孫子市我孫子1858番地
電話:04-7185-1426 ファクス:04-7183-0066

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る