このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

「クレジット現金化」トラブルにご注意

登録日:2015年7月1日

更新日:2015年7月1日

事例1
「クレジットカード現金化」という看板を見て業者に申し込んだら、電気店でパソコンを手持ちのカードで買うよう指示され、50万円のパソコンをカードで購入。現金化業者にそのパソコンを渡したら、商品と引き換えに35万円の現金を渡された。
後日カード会社から50万円の請求書が届いたが払えない。

事例2
インターネットで「ショッピング枠を現金化」という広告を見つけ、業者に20万円の融資を申し込んだ。カードの利用限度額が20万円だと伝えると、そのカードでCDを購入すれば15万円をキャッシュバックすると言われてその通りにした。業者から渡されたのは、ほとんど価値のなさそうなCDと15万円の現金だった。
後日カード会社から20万円の請求書が届いたが払えない。

このような「クレジットカード現金化」についての相談が近年増加しています。

事例1はクレジットカードのショッピング枠で商品等購入させ、それを業者が買い取ることで消費者に現金が渡るという買取屋による方式のものです。
事例2はキャッシュバック付商品をクレジットカード決済で購入させ、購入した商品とともに現金を渡すというキャッシュバック方式による方式のものです。

こうした「クレジットカード現金化」を利用することには次のような危険性があります。
(1) 入金されなかったり、連絡が取れなくなるケースがあります。
(2) クレジットカード契約違反です。
カード会社は換金目的でのカード利用を認めていません。「クレジットカード現金化」を利用すると残金一括請求、カードの利用停止、カード
の強制退会処分などのペナルティを受けることになります。
(3) 利用した多くの消費者が支払い困難に陥っています。
もともと、消費者金融から融資を受けられない消費者が、「クレジットカード現金化」を利用するケースが多く、「クレジットカード現金化」を利用することで、その消費者の状況をさらに深刻にしたり、新たな多重債務者を生むきっかけともなります。

ほとんどの業者はホームページなどで「合法」「安心・安全」を強調しても、「危険性」を消費者に説明していません。又、高額アルバイトを紹介する、借金の一本化、融資をするとい言われて申し込んだら、実際には「クレジットカード現金化」だったという事例もあります。

このように「クレジットカード現金化」には色々な危険性があります。「クレジットカード現金化」は絶対に利用しないようにしましょう。断りきれずに利用してしまった場合は家族や消費生活センターに相談しましょう。

の勧誘は上場予定がないのにもかかわらず上場予定と偽った勧誘や発行会社が架空のものであるなど詐欺的なもの、また、発行会社自身が他の第三者と共謀して詐欺的な行為を行っていることもあります。
「必ずもうかる」のようなうまい話はきっぱり断りましょう。とくに、過去に未公開株を購入したことのある人は狙われることがありますので、注意してください。

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

環境経済部 商業観光課 消費生活センター

〒270-1151 千葉県我孫子市本町3丁目2番1号(アビイクオーレ2階)
電話:04-7185-1469 ファクス:04-7182-8080

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る