このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

のびのび親子学級

登録日:2015年7月1日

更新日:2018年6月29日

湖北火曜コース、継続募集中です!!先着順で受け付けます!

~親子一緒に何でも体験~
2歳から3歳の入園前の親子の大切な時間。いろいろなものに触れさせたい。親子一緒に楽しみたい。そんな時こそ「のびのび親子学級」!!子育ての輪を広げ、育児も育自も楽しみましょう。

時間

午前10時から午前11時30分頃(内容により、多少変更あり。)

場所

湖北地区公民館(コホミン):湖北火曜コース

対象

平成26年4月2日から平成28年4月1日生まれのお子さんとその保護者。

定員

湖北コース20組

参加費

6回分 500円(保険料含む)

30年度前期学習予定

のびのび親子学級は、通年の学習です。30年度、施設の工事が予定されているため、後期の予定は、8月頃ご案内します。

  内容 アビスタ
火曜コース(受付終了)
アビスタ
木曜コース(受付終了)
アビスタ
金曜コース(受付終了)
湖北
火曜コース
1

作ろう!遊ぼう!(1)

5月8日 5月17日 5月11日 5月15日
2 リトミック♪ 5月22日 5月31日 5月25日 5月29日
3 外遊びを楽しもう! 6月5日 6月14日 6月8日 6月12日
4 お父さんも一緒 6月16日(土曜日)

6月30日(土曜日)

6月23日(土曜日)

7月14日(土曜日)

5 作ろう!遊ぼう!(2) 7月3日 7月12日 7月6日 6月26日
6 チャレンジ!いろんな運動 7月17日 8月30日 7月20日 8月28日

備考:日程や内容は、変更になることがあります。

応募方法

・家庭教育学級との同時受講は可能です。その他の公民館学級との同時受講はできません。
・応募者少数の場合、実施しないことがあります。

電話、FAX、またはアビスタ2階事務室にて、先着順で受け付けます。

1.「のびのび親子学級希望」、2.希望コース、3.当学級参加経験の有無、4.親氏名(ふりがな)、5.お子さんの氏名(ふりがな)、6.お子さんの生年月日、7.性別、8.郵便番号、9.住所、10.電話番号、11.メールアドレス、12.下のお子さんの参加有無を明記。

宛先 我孫子地区公民館
住所 〒270-1147若松26番地の4
ファックス 04-7165-6088

昨年度、学習の一コマ

「外遊び」学級生感想

・普段、外遊びというと、公園の遊具などで遊ぶだけでしたが、縄やヒモ、袋などでも十分楽しいと感じました。
・大きいシャボン玉をすることが初めてで、子どもも大興奮していました。
・自然の中でお友達とたくさん遊べて楽しそうでした。初めて大繩跳べました。

「お父さんも一緒」学級生感想

・パパのでんぐり返しを初めて見ることができて、子どもも大喜びでした。
・兄弟で参加しましたが、上の子も下の子も楽しんでいました。
・大きなバルーンは、一人ではできない遊びなので、大勢でできて楽しかったです。
・普段父親と一緒に体を動かす機会が少ないので、今日はとても楽しめたようです。これを機に、もっと親子の触れ合いを増やしたいと思います。

「作ろう!遊ぼう!」学級生感想

・お花紙を使った遊びは、とても楽しかったです。みんなで力を合わせて、たくさんのお花紙が天井まで上がっていくのは、とても素敵でした。
・新しい遊びに親自身も感動しました。家でもお姉ちゃんもまぜて、やってみたいと思います。 
・いつも怖がって触ろうとしない粘土を、今日は先生や他のお母様方の声かけで触ることができて楽しそうでした。
・簡単な制作で子どもは挑戦しやすく、飽きやすい我が子が熱心に作ってくれました。

問い合わせ

我孫子地区公民館 電話:04-7182-0622

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

教育委員会 生涯学習部 生涯学習課 公民館担当

〒270-1147 千葉県我孫子市若松26番地の4
電話:04-7182-0511 ファクス:04-7165-6088

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る