このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

平成29年度教育行政施策

登録日:2017年2月22日

更新日:2017年2月22日

 29年度の教育行政の施策について申し上げます。
 新たな教育委員会制度の下、「総合教育会議」などを通して市長と教育委員会との連携を深め、教育施策の方向性を共有し、具体的な施策の実現に努めてきました。
 引き続き、「我孫子市教育振興基本計画」及び「我孫子市第三次生涯学習推進計画」に位置づけた施策を着実に推進するとともに、市民や教育現場の声に対して、迅速な対応ができるような教育委員会を目指していきます。
 29年度の教育行政の基本方針を「個性を尊重し、互いに学び合う学校教育並びに生涯学習の推進」とし、以下の二つの施策を展開していきます。

第一の施策は、「子どもの創造性と自主性を育む教育の充実」です。

一つ目の重点は、「学校教育の充実」です。

 はじめに、小中一貫教育の推進です。
 教育委員会では、目指す子ども像として、「ふるさと我孫子を愛し、誇りに思う子ども」、「確かな学力を身につけ、夢を持ちチャレンジする子ども」、「自分に自信を持ち、自他を大切にする子ども」を掲げ、その実現にむけて、25年度から小中一貫教育に取り組んでいます。
 小中一貫教育は、市内全中学校区において、各中学校区の特色及び現行の6-3制の良さを生かしながら、義務教育9年間を「学び」により意図的に接続するものです。
 29年度も、小中一貫の日を3学期に設定し、小中学校の交流活動を市内全小中学校で一斉に実施します。
 また、31年度からの全市展開に向けて、中学校区ごとに立案した計画に沿って、Abi☆小中一貫カリキュラムを各校の教育課程に位置づけ、計画的に授業を実施していきます。
 さらに、ICT教育を推進するために、28年度から30年度までの3年間で、順次、タブレット端末を各中学校区に配当し、31年度には全中学校区で活用できるようにします。
 次に、子どもの健やかな成長を促す場や機会の充実です。
 市内全ての幼稚園・保育園と小学校が交流や連携を進め、「我孫子市幼保小連携・接続カリキュラム」の“方針編”と各園及び小学校ごとの“活動カレンダー編”を完成させました。作成にあたっては、小学校や幼稚園・保育園の教職員の意見を踏まえ、現場のニーズに合わせたカリキュラムとしました。29年度は、このカリキュラムを活用し、教職員の研修を深めていきます。
 次に、安心して快適に学べる教育・学習環境の充実です。
 全ての小中学校へのエアコンの設置を完了し、快適な環境の中で学習ができるようになりました。引き続き、学校施設や設備の整備・改修を行い、適切な学習環境の維持管理に努めます。
 小中学校の放射能対策についても、子どもたちの安全・安心に向けて引き続き取り組みます。また、登下校時、学校内、自然災害等からの児童生徒の安全確保のために、教職員・保護者・地域住民・関係機関が一体となって取り組めるよう、引き続き連携を一層密にしていきます。
 次に、信頼される学校づくりの推進・教職員の意識高揚を図る職場環境づくりです。
 1点目は、学校評価を活用した学校運営の改善です。
 教育活動等の成果を検証し学校運営の改善と発展を目指して、「学校評価」や「学校評議員会議」を実施したり、教職員の能力開発と人材育成を目的とした「目標申告」等に真摯に取り組むとともに、積極的に情報を発信し、保護者や地域への説明責任を果たすことで、信頼される学校づくりをさらに進めていきます。
 2点目は、教職員の倫理観・使命感の高揚です。
 不祥事根絶に向け、風通しのよい職場環境づくりに努め、各学校でのモラールアップ委員会、小中学校の教職員が一堂に会して行う中学校区でのモラールアップ委員会等の内容を改善するなど、研修を充実するとともに、児童・生徒及び保護者の声を敏感に聞き取ることのできる学校体制づくりに取り組み、教職員の倫理観・使命感の一層の高揚を図ります。
 3点目は、校務支援システムの運用です。
 市内中学校においては、27年度から本格的な運用を開始した校務支援システムにより、成績処理や進路指導事務に伴う校務を効率化し、子どもと向き合う時間を確保することで、よりきめ細やかな生徒指導や学習指導、進路指導を行ってきました。28年度においても、通知票や指導要録、高校入試の調査書作成において正確な事務処理を行うことができました。29年度からは、市内小学校でも本格的な運用が始まり、小学校から中学校へデータによる引き継ぎを行うことで効率化を図っていきます。そして、中学校と同様、子どもと向き合う時間を生み出し、よりきめ細かな児童理解、学習指導を行っていきます。

二つ目の重点は、「地域に根ざした教育の充実」です。

 地域全体で学校教育を支援する体制づくりを推進することによって、「児童・生徒の学習意欲と学力の向上」「地域の教育力の向上」「教員が子どもと向き合う時間の増加」を図ります。
 学校支援地域本部事業では、授業や放課後学習、夏休みの宿題サポートなどの学習支援、学校行事やクラブ・部活動支援、登下校の見守り、学校環境の整備や修理についての支援など、地域や保護者の方々のボランティアによる支援を継続・拡充していきます。
 29年度は、学校支援地域本部の活動を中学校区で推進し、各学校のニーズや中学校区の実態に合わせた特色ある支援や学習支援の更なる充実を目指し、活動内容や実施方法を工夫していきます。また、大学との連携による学生ボランティアの派遣を推進していきます。
 次に「JFAこころのプロジェクト『夢の教室』」についてです。
 「JFAこころのプロジェクト『夢の教室』」は、28年度から実施しました。
 この事業は、子ども達に「将来への夢をもち、努力していく」ことの大切さや、仲間と協力することの大切さを子ども達に伝えていくものです。
 キャリア教育の一環としての教育的意義も大きいため、引き続きより多くの児童生徒を対象に実施していきます。

三つ目の重点は、「子どもの成長・自立への支援」です。

 はじめに、いじめ問題への対応です。
 これからの未来を創っていく子どもたちが、安心して教育を受け、育っていくためには、私たち大人が一丸となり、「いじめ」や「不登校」などの問題について、その背景や対応等を明らかにし、各学校において問題発生を未然に防止していかなければなりません。
 特に、喫緊の課題である「いじめ」の防止及び早期発見・解決を図るために、市独自の「我孫子市いじめアンケート」を年2回実施するとともに、小学校4・5・6年生と中学校1・2年生を対象として「Q-U検査」を実施します。さらに、学校への支援として、アンケート結果等に基づき、担当指導主事、教育研究所職員、アドバイザーなどを派遣します。
 「我孫子市いじめ防止対策推進条例」に基づき、いじめ防止に向けての体制を強化するため、28年度から、いじめ防止対策担当嘱託職員を1名増員して積極的に学校訪問を実施し、授業観察や学校のいじめ防止対策に向けての積極的な取組を行っています。
 今後も、児童生徒が安心して生活し、健やかに成長することができる環境を整備していけるよう、検証・事案対処を行っていきます。
 また、教育研究所では引き続き、小中学生や保護者の学校生活や発達、就学・進学、不登校など様々な悩みに寄り添い、相談業務を積み重ねていきます。

第二の施策は、「市民が生涯にわたって生き生きくらすための学習体制の充実」です。

一つ目の重点は、「生涯学習環境の充実」です。

 市民一人ひとりが自ら学び、学んだ成果をくらしや地域で活かしてもらえるよう、学びたいときに学べる学習機会や学習施設の充実を図るとともに、人づくり・まちづくりにつながる学習活動の支援に取り組みます。
 公民館では、時代の変化や地域の課題に対応した学習機会を提供できるよう、公民館の学級・講座や生涯学習出前講座の充実を図ります。
 特に学んだ成果を社会や地域で活かしてもらえるよう、地域とも連携しながら、中高年の市民を対象とした生きがいづくりや地域デビューに関する学習機会の充実に努めます。
 鳥の博物館では、干支の酉年にちなんだ企画展を実施します。山階鳥類研究所総裁の秋篠宮殿下の研究テーマがニワトリであることから、同研究所から貴重な標本資料を借用し展示します。企画展は、水の館がリニューアルオープンし、集客が期待できる夏休みからジャパンバードフェスティバルの開催時期にかけて実施します。
 また、引き続き、市民にとって楽しく、便利で、役に立つ博物館であるよう、魅力ある企画展や観察会の開催、小・中学校との連携などにより、地域に根ざした鳥専門の博物館として、特色ある活動を続けていきます。
 図書館では、市民の読書や学習活動を支援するため、幅広い分野にわたる資料を充実させるとともに、他の図書館や関係機関と連携しながら、図書館サービスの一層の充実を図ります。
 特に子どもの自主的な読書活動を促すため、家庭や地域、学校などと連携しながら、絵本の読み聞かせや学校への図書の貸出しなど、児童サービスの一層の充実を図るとともに、子どもの読書活動推進計画の策定に向けて、アンケートを実施し、素案の検討を進めます。
 また、地域における様々な情報や知識の拠点として、庁内や関係機関と連携しながら、地域のくらしや歴史、文化に関連する講演会などを開催し、市民の学ぶ意欲に応えるとともに、地域への関心を高め、人づくりやまちづくりにつなげていきます。

二つ目の重点は、「スポーツの振興」です。

 スポーツ施設の管理・整備としては、市民が、身近な場所で、気軽にスポーツを楽しみ、生涯を通してスポーツに親しめる環境づくりを目指します。市民体育館などの市のスポーツ施設の適正な維持管理を行うとともに、施設の修繕を計画的に実施します。29年度は、市民体育館メインアリーナ及び庭球場照明設備のLED化を実施します。また、B面バスケットゴールの修繕を行います。その他、体育施設についても、安全で快適にスポーツができるよう計画的に補修修繕を行っていきます。
 スポーツを楽しむ機会の充実を図るため、スポーツイベントとして、4月に、「ボールゲームフェスタ」を日本トップリーグ連携機構と共に開催します。ここでは、5歳から小学校低学年までの子どもたちを対象に、ボールを使った様々な運動から体を動かす楽しさや心地よさを分かち合える、「ボールであそぼう!」プログラムと、小学校4年生から6年生までを対象に、日本のトップリーグに所属する選手や元選手により様々なボールゲームスポーツの楽しさを体験する機会を提供する、「キッズチャレンジ」プログラムがメインプログラムとなっています。
 10月には、「チャレンジスポーツフェスタ」をNPO法人我孫子市体育協会、スポーツ推進委員連絡協議会、スポーツ少年団との連携で開催します。ここでは、ニュースポーツの体験やゆうゆう公園オフロードコースでシクロクロスの大会など様々なスポーツを体験できるプログラムを提供し、より多くの市民がスポーツに接する機会を創設していきます。
 11月には昨年好評だった大人のスポーツテストを引き続き実施します。子どもの頃に学校で行ったスポーツテストの大人版で、スポーツ庁が作成したプログラムで行います。
 さらに新たなスポーツイベントとして市、民間企業と共催で、親水広場を舞台にチームランを実施します。親水広場内に約1キロメートルの周回コースを設定し時間内にチームでコースを走った周回数を競います。マラソン大会と違い仲間と一緒に参加でき、初心者から上級者まで幅広い年齢層が一緒に楽しめる形式となっています。これと同時に親子でも楽しめるよう小学生が参加できるキッズランも開催します。
 また、ランニングマップの作成や、ランニングやウオーキングを楽しむ方の目安となるように水の館から東側遊歩道に距離表示板を設置し、手賀沼周辺のスポーツ環境を整えます。
 生涯スポーツの推進については、健康の保持・増進や地域のコミュニケーションづくりを図るため、スポーツ推進委員などと連携し、誰もが参加できる総合型地域スポーツクラブを育成・支援していきます。

三つ目の重点は、「文化芸術活動への支援と地域文化の継承」です。

 文化芸術の振興では、我孫子市民文化祭が第60回の節目を迎えることから、市民の方々に、気軽に身近な場所で掛け軸、屏風などの優れた美術作品を鑑賞できる展示会を開催します。作品は、葛飾北斎の肉筆画を中心に約40点を展示し、子どもたちにも作品を観てもらえるように、夏休み期間を選び7月中旬から下旬までの17日間、あびこ市民プラザでの開催を予定しています
 多くの方に来場していただけるよう積極的にPRを行うとともに、文化連盟など多くの団体と協力し開催していきます。
 子どもたちが創作活動に親しみ、豊かな感性を育むことを目的とした「めるへん文庫」事業を、学校や市民団体と連携し、児童生徒が創作活動の楽しさを体験できるよう推進していきます。事業の推進にあたっては、引き続き「めるへん文庫基金」への市民の皆様のご理解とご協力をお願いしていきます。
 地域文化の継承として、手賀沼とともに我孫子を特色付ける大正・昭和期の邸宅・別荘を「我孫子の大正・昭和文化遺産」と命名し、共通イメージをもたせ魅力向上を図ります。具体的には、杉村楚人冠記念館、白樺文学館、旧村川別荘において連携した展示や講演会を実施し、「文人の集うまち」という共通イメージを打ち出して、マスコミ等への情報発信を強化していきます。
 また、我孫子市指定文化財の旧井上家住宅では、27年度に表門・裏門・外塀の保存整備工事を完了し、28年度から邸内に残る建造物としては最も古い嘉永4(1851)年に建築された二番土蔵の保存整備工事に着手しました。現在はいったん解体した土蔵を組み直す作業を行い、30年度に完成予定です。
 あわせて、邸内に残された古文書や民具資料などからなる井上家資料の目録を刊行して今後の活用に備えていきます。建物の保存整備工事や資料整理を行っている最中ですが、引き続き旧井上家住宅の建物周辺の部分公開を行い、周知に努めていきます。29年度には昭和初期建築の新土蔵に自動火災報知設備を設置し、近隣の学校などと連携して展示活用していきます。
 旧井上家住宅を含む指定文化財の保護等にかかる財源としては、市民自らが文化財を愛護する観点から「文化財保存基金」を制定し、寄附を募っていますが、市が主催する文化財展等のイベントや講演会などの機会を活用し、より広くご協力をお願いしていきます。
 
 以上、教育委員会の施策について申し上げましたが、事業の推進にあたり、議員の皆様・市民の皆様の一層のご理解とご協力をお願い申し上げます。

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

教育委員会 教育総務部 総務課

〒270-1166 千葉県我孫子市我孫子1684番地
電話:04-7185-1110 ファクス:04-7182-5867

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る