このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

教育研究所の事業について

登録日:2015年7月1日

更新日:2015年7月1日

基本方針

我孫子市立小中学校における教育のさらなる充実をめざし、以下の方針に従って事業を推進します。

  1. 学校教育に関する調査、研究、研修、教育相談、教育情報の収集などにより、幅広い視点からの総合的な教育支援機関として機能するよう努める。
  2. 我孫子市教育の課題を把握し、関係機関と連携しながら対応に努める。
  3. 市内各小中学校と連携しながら、実践的な事業推進に努める。

事業内容

1.教育相談、適応指導教室に関する事業

(1)教育研究所相談員による相談事業

教育研究所相談員が、電話および来所面談で市内小中学校の児童・生徒に関する相談を受け付けています。

電話相談:月曜日~金曜日(祝日・年末年始を除く) 9時~16時
電話:04-7187-4640 または 電話:04-7187-4660

来所相談:月曜日~金曜日(祝日・年末年始を除く) 9時~16時 ※要予約

相談内容:不登校、いじめ、友だちとうまくコミュニケーションがとれない、授業中に落ち着きがない、学習が遅れがち、就学に関する相談など

(2)いじめ・悩みホットラインの運営

市内小中学校児童生徒や保護者から、電話やメールで相談を受けています。

電話相談:月曜日~金曜日(祝日・年末年始を除く) 14時~19時(電話:04-7188-7867)

メール :nayamuna@city.abiko.chiba.jp

(3)「千葉県スクールカウンセラー」「心の教室相談員」事業

「心の教室相談員」を市内全小中学校に配置しています。また「千葉県スクールカウンセラー」(臨床心理士又は学校心理士)を市内全中学校などに派遣して、児童・生徒及び保護者の相談を受けています。

(4)適応指導教室「ヤング手賀沼」の事業

学校や学級への適応や集団活動についての助言・援助、学習支援、教育相談活動を、適応指導教室指導員3名で行っています。
詳細は各小中学校または教育研究所(電話:04-7187-4600)までお問い合わせください。

2.特別支援教育に関する事業

(1)特別支援教育連携協議会=療育・教育システム連絡会

我孫子市では、乳幼児期から就学、卒業後の就労までを総合的に支援していけるネットワークづくりに取り組んでいます。教育研究所はその一端を担っています。

おもな連携機関:特別支援学校、子ども支援課、子ども相談課、こども発達センター、保健センター、柏児童相談所など

(2)特別支援教育学校訪問相談

教育研究所では、学校の要請に応じて我孫子市スーパーバイザーや教育研究所アドバイザーが、児童生徒の行動観察後、保護者面談を通して保護者支援を行っています。また教職員に対して、指導方法や環境の調整に関する指導・助言を行っています。
また年間2回、市内全小中学校を特別支援教育担当指導主事と教育・発達相談員が巡回訪問し、特別な支援を必要とする児童生徒の実態把握やアドバイスを行っています。

(3)学級支援員派遣事業

身体障がい、知的障がい、学習障がい、注意欠陥多動性障がい、自閉症スペクトラム等の児童生徒が学校生活における困り感を軽減できるよう、学級支援員を派遣しています。

(4)特別支援教育指導者の育成

市内各小中学校の特別支援教育コーディネーターや教職員の力量を高め、校内の支援体制確立を目指すために、特別支援教育研修会を実施しています。

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

教育委員会 教育総務部 教育研究所

〒270-1132 千葉県我孫子市湖北台4丁目3番1号
電話:04-7187-4600 ファクス:04-7187-4611

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る