このページの先頭ですサイトメニューここから
  • ホーム
  • くらし・手続き
  • 安全・安心
  • 子育て・教育・生涯学習
  • 健康・福祉
  • イベント・文化・スポーツ
  • 市政情報
サイトメニューここまで

本文ここから

別荘内の建物

登録日:2017年1月11日

更新日:2017年1月17日

別荘は、「母屋」と「新館」と呼ばれる2つの建物からなっています。

母屋

母屋は、大正10年に我孫子宿本陣の離れを解体、移築したもので、当初は茅葺屋根でしたが後に瓦葺屋根に直しています。建物は、江戸の佇まいを残す純和風で、村川一家はこちらの建物で、食事や入浴などの生活空間として使っていたようです。

新館

新館は、昭和3年に斜面地を活かして建てられた銅版葺、千鳥破風の建物で、建立した村川堅固は「朝鮮風」と表現しています。反りのきつい屋根が特徴的で、建物の土台は鉄筋コンクリート造り、建物の中は寄木のしゃれたフローリング、○折れ戸の出窓、沼方向へ広くガラス面を取った手すり窓、床の間、地袋など和洋折衷の建物です。こちらは、奥の部屋を寝室として、沼の見える部屋は書斎兼居間のように使われていました。
新館には、我孫子に住んでいた民藝運動提唱者柳宗悦の家に大正5(1916)年から滞在したバーナード・リーチがデザインし、我孫子の名大工佐藤鷹蔵が作った「三本足の椅子」があります。
また、木製の灯篭が残っています。このあたりは、昭和の初めまで電気が通じておらず夜になると漆黒の闇となり、生活空間である母屋と、寝室・書斎・居間であった新館を結んだあたりに灯篭がありました。

別荘の四季と庭

敷地面積は、約3,000平方メートル、沼への傾斜地を切り開いての起伏にとんだ土地です。庭内には、多くの樹木が植えられ、けやきなどの大木も茂っています。新緑の緑、秋の紅葉、冬の雪景色が庭に彩りを添えます。

このページについてのお問い合わせは

メールを送信する

教育委員会 生涯学習部 文化・スポーツ課

〒270-1166 千葉県我孫子市我孫子1684番地
お問い合わせは平日の午前8時30分から午後5時まで
電話:04-7185-1601(文化振興担当)、04-7185-1583(歴史文化財担当)、04-7185-1604(スポーツ振興担当) ファクス:04-7185-1760

本文ここまで


以下フッターです。

我孫子市役所

法人番号9000020122220
〒270-1192 千葉県 我孫子市 我孫子1858番地
電話:04-7185-1111(代表) /ファクス:04-7185-1520(秘書広報課広報室)
平日午前8時30分~午後5時(土曜日曜・祝日・年末年始を除く)

うなきちさんの部屋

Copyright © Abiko City. All Rights Reserved.
フッターここまでこのページのトップに戻る